ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【春気配ムンムン】リザーバーでビッグバスが動きだした!いよいよシーズンイン!

3月上旬の春一番により一気に春モードとなった各地のフィールド。季節進行の遅い山奥のリザーバーにも少しずつ春の雰囲気が漂い始めている。関西の主要リザーバーである池原ダム七色ダム合川ダム七川ダムといったフィールドも、まだ本調子というわけではないが釣果は上向いてきているようだ。

パターンとしては、3月1日前後に降った雨による一時的な濁りを巻きモノで攻略するといったケースが多いが、日に日にクリアUPしているようなので、うまく濁ったエリアにアジャストできれば、まだパターンは成立しそうだ。

​4日、七色ダムの本流下流域にて64cm・4980gをステルススイマーで仕留めた藤本氏(情報提供:スロープ60

4日、池原ダムにてIK300RSカオスダイバーで52㌢頭3尾の黒崎氏(情報提供:Y企画

ほかにも、ミノーシャッドといった春らしいルアーでの釣果もあがっている。クリアUPした状況では、ジグヘッド+ワームによるミドストも有効だ。

現在は先週の暖かさに比べると、いささか寒さを感じる状況だが、3月中旬から暖かくなりそうな予報が出ている。今日、明日の雨がウマく働けば、強波動系による巻きモノ展開が楽しめそうなので、ぜひタイミングを逃さず早春のリザーバーを楽しんでいただきたい。