ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

家邊克己【サーティフォー】が自身のアジングで最も多用するジグヘッドとワームとオススメワームカラーを紹介

アジングの釣果テッパンリグとして人気なのがジグヘッドにワームを組み合わせた、ジグヘッド(単体)リグ。

最近では「ジグ単(じぐたん)」と呼ばれることも多い人気リグですが、世の中には様々なアジング用のワームがあり、また様々なジグヘッドがありで、正直どういう組み合わせを使うか迷う人も多いでしょう。

そこで、経験豊富な凄腕アジンガーであるサーティフォー「家邊克己」さんに、「ジグ単攻めの際にコレを最も投げてる!」という超多用のJHリグ(ジグヘッド+ワーム)と、オススメワームカラーを紹介してもらいました。
参考にしていただければ、ウレシイです!

 

家邊克己 Katsumi Yabe

全国津々浦々、アジが釣れると聞けば、ドコへでも足を運び、実際に釣って、アジングの楽しさを広く世に伝える、まさに「アジングの伝道師」というべき人物。かなり頻繁に全国各地で参加費無料のアジングセミナーも開催中! 釣具メーカー「34(サーティフォー)※社名は[みんな幸せに!]に由来」を立ちあげ、自身のノウハウを詰めに詰め込んだ製品開発に没頭中。京都府出身、福岡県在住、1958年9月生まれ

 

家邊克己の超多用JHリグ
ゼログラヘッド+オクトパスフィジット!
オススメカラーは「こもれび」

ゼログラヘッド0.7g【サーティフォー】と、オクトパス1.8inch【サーティフォー】の組合せを多用しています!

【本文解説・家邊克己】出典:ルアーニュース増刊!激釣!アジング

日本全国で通用する攻めとしてプランクトンパターンの研究を続けているのですが、そんなジグ単を使うプランクトンパターンで多用しているのは、ゼログラヘッドを使った単体ジグヘッド。

ゼログラヘッドは沈下スピードが遅く、誰でも簡単にレンジキープができる

サーティフォー公式ゼログラヘッド詳細ページ
http://www.34net.jp/product34/ajing-jighead/zerograhead

まずゼログラヘッドですが沈下スピードが遅く、さらに誰でも簡単にレンジキープができるプランクトンパターン完全対応の新型ジグヘッドです。


従来のジグヘッドとの違いですが、ゼログラヘッドは鉛がムキだしではなく、鉛の上から樹脂を新たに成形してあります。

 

この構造を採用したのは、沈下スピードをよりスローにするためだったのですが、さらに予想外の効能が見つかりました。

どういうことかというと…。1mの水槽などで同じ重さの通常ジグヘッドとゼログラヘッドを同時にフリーで落とした時、着底差は10cmほどだったのですが、テンションをかけた途端に、その差は驚くほどドンドンと開いたのです。

通常ジグヘッドは、テンションをかけると、少しフォールのスピードは落ちるものの、普通に沈んでいきました。
一方、ゼログラヘッドは、テンションをかけると、ほぼその場に定位したのです!
0.3や0.4gといった軽量のゼログラヘッドは、まるで吊り下げられたようにそこに留まり、0.5gから重いモノは、ゆっくりと前に進むように横に動いたのです。
このように、テンションをかけるだけで何方でもレンジキープができるので今レンジキープの仕方が分からないで困っておられる方はこのゼログラヘッドを使用されれば簡単にレンジキープをさせることができ、プランクトンパターンのアジに対して強烈な武器になると思います。

 

ゼログラヘッド【 34サーティフォー】アミ・プランクトンパターン完全対応の注目ジグヘッドを徹底解剖

 

1 / 3
次へ