ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

これは何の魚?気になる魚のハイブリッド(混血種)

Reprinted Source:TSURISOKU

日本も国際化がどんどん進んでいき、最近はよく外国の方を見かけます。芸能人もハーフの方々をよくテレビで見かけるようになりました。なぜかハーフという言葉が気になった記者。昼休憩中にすぐネットで調べちゃいました。ライオンの父とトラの母から生まれた子はライガー、ライオンの母とトラの父から生まれた子はタイゴン、牛とバッファローの間に生まれたらビーファロー、なんだか名前を聞くだけで楽しくなってきた。
魚の世界でもあるのかな、なんて思っていたら、もちろんありました。有名なのは、イシダイとイシガキダイの交雑種、イシガキイシダイ(笑)。ライガーやタイゴンに比べてそのまま感がすごい(笑)。もう少しかっこいい名前にしてもいいんじゃないのかとは思いますが、まあ、そんなことは置いておきましょう。ハーフのことをいろいろと調べていると。1月頃に取材に行った時に、ハーフかもしれない魚に出会いました。

オニカサゴ(イズカサゴ)?それともカサゴ?

三重県の国崎から出船し、オニカサゴ(三重での呼び名、和名はイズカサゴ)を狙いに行った日のこと。この日は最大45㎝のオニカサゴがよい人で7尾釣れる好釣果。オニカサゴはとても美味で、なかなか市場には出回らず、料亭行きがほとんど。そんな美味なオニカサゴを釣りたいと通うファンも多い。その日も満船御礼。記者もわくわくしながら取材をしていると、ある釣り人から、「釣れましたー!でもこれ何の魚ですか?」と。記者も見てみるがオニカサゴにも見えるし、カサゴにも見える。でもまったくどちらも違う。一言で言うとフォルムはカサゴ、模様はオニカサゴだ。ちなみに写真も撮ったのでどうぞ。

どうですか?皆さん。似ているようで何か違う。ちなみに常連さんは「未熟者」と言って「オニカサゴになれない魚だ!」と言っていました。船長に伺うと、1日に1尾くらいは釣れるらしく、船長いわく「これはオニカサゴ(イズカサゴ)とカサゴのハイブリッド(混血種)ではないのか」とのこと。ちなみに記者が調べても見つからず。オニカサゴでもカサゴでもフサカサゴでもないような感じでした。

ちなみに、オニカサゴ(イズカサゴ)とカサゴの姿はこんな感じ。

オニカサゴ(イズカサゴ)

 

 

オニカサゴ(イズカサゴ)

カサゴ

んーどんな魚か分からない。まだまだ未熟だなと痛感。もしこれがハイブリッドだと、名前はオニ(イズ)カサカサゴになるのだろうか(笑)。それとも格好よく…と思ったが、なかなかライガーみたいな格好よい名前はでてこなかった。もしこの魚が分かる方がいればぜひ、教えていただきたい。今後もハイブリッド(混血種)のような魚がいればご紹介していきたいと思う。

オニカサゴ釣りはまだシーズンなので皆さまぜひ1度釣りに出掛けてみてはいかがだろうか。以下、三重県でのオニカサゴ釣りを出船している船宿。

利久丸の詳しい情報を見る
国盛丸の詳しい情報を見る
宏漁丸の詳しい情報を見る