ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

nadarの新作メバル用シンペン「ハスキー」が2018年1月末登場予定【約40mm3.5g前後で高速パニックアクション対応】

メバルプラッギングネタがアツくなってくる時期ですよね。

先日はnadarの新作メバルプラグ「ファットビーグル」の情報をお届けしました。

nadarの「ファットビーグル」が11月末登場予定【メバルプラッガー必見】特殊設定フラッシャーフック標準装備!

 

nadarといえばメバルやチヌ、シーバスなど、様々なライトSW系のこだわりルアーを多数輩出しているブランド。
nada.(R)
出典:nadar公式ホームページ

 

そんなnadarから、ファットビーグルに続き新たな新作メバルプラグ情報が!それは…

ハスキー【nadar】

nadarが開発を進めているというのが、ハスキーというシンペン!その最新画像がこちら!

このハスキーはジャンル的にはシンキングペンシル。
タダ巻きやストップ&ゴーなど、シンペンのベーシックな動きはもちろんこなすんだけど、実をいうと、最も注力したというのが「高速パニックアクション」を簡単に演出できること!

シンペンのタダ巻きは確かに釣れるアクションなんだけど、それだけでは、追尾してくれるけど、Uターンして見切られるということも、まぁまぁ多かったりしますよね。
そんな見切られ率を下げるためのアクションとして有効なのが、高速パニックアクションだったそうな!

 

ちなみにnadarのシンペンとしてはテリアがありますが、そのテリアの高速ジャーク、高速パニックアクションがやたらと釣れる!という話があちこちで聞かれたそうで、それなら、その高速パニックアクションに特化したプラグを作ろう!ということで、ハスキーの開発が始まったのでした

テリア【nada】

nadar公式テリア詳細ページ
http://nadajapan.com/

 

実際にハスキーの開発は、かなり難航したようで、多数のプロトを作っては現場チェックが繰り返されたとのこと。

上下の写真はハスキーの多数のプロト!

 

 

ハスキーのほぼ最終プロト画像

そして、そんなテストの中で、ハスキーのほぼ最終プロトとしてできあがったのがコレ!

 

 

ハスキーのスペックは?

ハスキーのスペックですが…サイズ40mm前後、ウエイト3.5gでスローシンキング設定。
ちなみにテリアのスペックは…サイズ43mm、ウエイト4.1gでやや早めのシンキング

下写真左がテリア、同右がハスキー! シルエットやサイズ感がかなり違いますよね

 

ハスキーのサイズ感&シルエットなどが分かるショートムービー

 

 

ハスキーの使い方は主に3つ

さて、高速パニックアクション対応のハスキーですが、もちろん色々なアクションで使えます!主なアクションは以下の3つとのこと。

①S字アクション!
タダ巻きすると、小さい幅のS字アクションで泳いでくれる
②ジャークで左右へダート!
巻いてる途中で少し軽めにジャークを入れるとダートアクションしてくれる

③高速パニックアクション
高速巻きしつつ、軽いトゥイッチを入れることで不規則なパニックアクションがでて、リアクションバイトが誘える

 

発売は2018年1月末予定

気になる発売日ですが、今のところ1月末発売の予定とのこと。楽しみですね