ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ニッポン流・激釣れアラバマ系リグ】「トレジャートラップ」まとめ! セット法、使い方、キモ、最新情報などなど全網羅

琵琶湖のバスフィッシングにおいて、今や低水温期の絶対的なデカバスパターンとなっているのが、アラバマ系リグ。

中でも、庄司潤さんがプロデュースしたアラバマ系リグ「トレジャートラップ(ドリームエクスプレスルアーズ)」は、細部にわたって日本仕様、日本化にコダワリ抜かれており、サイズもほどよく、使いやすく、誰でもよく釣れることから、絶対的大定番となっています。

そして、その実釣力の高さは、名うてのプロガイド達がスポンサードなどに関係なくゲストに確実にバスを釣ってもらうためにセレクトしているほど。

そんな「トレジャートラップ」ですが、琵琶湖では今年も水温の低下と水質のクリア化から、すでに釣果が出マクっている状況。

そこでここでは、トレジャートラップのセッティング法から、使い方、あれば便利なグッズなどなどをまとめてみたました。

「トレジャートラップ」のセッティング法

アラバマ系というと、セットするワームやジグヘッドによって、全く別モノと言っても過言ではないほどアクションや釣れ方が変わってくるもの。

そこでここでは、トレジャートラップの生みの親である庄司潤さんのオススメのセッティングを紹介しましょう。

まずワームは、「スイングインパクト(ケイテック)」で決まり!

サイズは3.5インチが基本で、まれにセンター(リグの真ん中)だけ4インチにサイズUP させることもあるとのこと。

 

次にジグヘッドは、「アイアンクロー(ドリームエクスプレスルアーズ)」をセレクト。

「アイアンクロー」は、そもそもトレジャートラップ専用に設計されたジグヘッドなので、そのマッチングの高さは秀逸。

なお、トレジャートラップにセットする際は、5本のアームの内、衛星の3本に2gをセットし、センターと残りの衛星に3gもしくは3.5gをセットすると、リグの回転を抑えることができるので、これを基本セッティングとして覚えておいてほしいとのこと。

さらに詳細は以下の記事を参考にどうぞ!

琵琶湖を席巻するジャパンナイズされたアラバマ系「トレジャートラップ」を紹介

次ページでは、「トレジャートラップ」の使い方と、さらに釣るためのキモを解説

1 / 3
次へ