ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ティクトTICTのおすすめワーム8選を超詳しく解説【アジング、メバリング】

アジングやメバリングのこだわりアイテムをラインナップしているメーカーなのがティクト。

ティクト公式ホームページ
http://tict-net.com/index.html

そんなティクトのアジング&メバリングワームは以下に挙げたワームがラインナップされています。

※以下リンクをクリックで各ワームの紹介記事へアクセスできます

フィジット ヌード 2.7インチ
ギョピン 1.7インチ
ブリリアント2.5inch※復刻登場予定
ブリリアント 2インチ
メタボブリリアント 1.5インチ
ブリリアント 1.2インチ
ヴィヴィッドリザードテイル 2.4インチ
スパイラルクロー 1.8インチ

 

それぞれのワームを紹介していきたいんですが、その前に、ティクトのワームの全体的な特長をまずはご紹介!

 

ワーム開発の中心人物はライトゲームフェチとして知られるトミー敦さん!

ティクトのワームはライトゲームフェチとして知られるトミー敦さんが中心となって、開発されているのですが、もちろん各地の敏腕フィールドテスターからの現場フィードバック、そしてティクトの開発陣などの頭脳&技術が活かされて開発されています。

トミー敦 Tommy Atsushi…日本海・北陸・四国・中国エリアがホームグラウンド。幼少期のフカセ釣り、渓流などあらゆる釣りを経験。現在はメバリングとアジングなどSWライトゲームの世界をストイックなまでに追求中! 釣り以外の趣味はキャンプ! 富山県出身、高知県在住。1984年4月生まれ

「U.S.B」と呼ばれる超やわらかい素材が使われています

ティクトのワームの素材はU.S.B(ウルトラソフトマテリアルベイト)と呼ばれる素材が使われています。とにかく軟らかいのが特長!

そして、ただ軟らかいだけではなく、表面は少しプリっとしていて、そのおかげか? JHが刺しやすく、ワームがズレにくくなっていて、ハリ持ちもよくなっているんです。

 

ワームサイズは、おいしいトコロがかなり小刻み

ラインナップされているワームのサイズですがアジ、メバルゲームに特化したサイズをドンピシャでラインナップ。

そこ欲しいサイズ! 的な美味しいサイズ帯で、集中的&小刻みなサイズ展開となっています。

具体的には1.2インチ、1.5インチ、1.7インチ、1.8インチ、2インチ、2.4インチ、(※2.5インチ=間もなく発売)、2.7インチ!
サイズだけでなくシルエットや波動も洗練された必要十分なラインナップになっています。

 

カラーは毎年、かなり特殊なカラーを導入!

あとティクトのワームは、毎年、挑戦的なNEWカラーが導入されているのも注目点の1つです。
少し前は、細かいラメパターンの「ナノラメ」だったり、細長いラメパターンのモノがあったり…。
2017年は銀粉金粉カラーが投入されるなど、ライトゲームフェチなら、ヨダレもののNEWカラーが続々と市場投入されています。

細かい銀ラメが採用された「ナノラメ」

 

 

珍しい細長い形状のラメが採用されたカラーも!

 

2017年のNEWカラーとして投入されたのは「金粉、銀粉カラー」。金粉、銀粉カラーというと、すでにシーバスやタチウオなどで効果の高さが実証されているけど、ティクトはライトゲームに導入! 実際のテストでは、これまでのラメとは一味違う、効果を見せているようで、特にデイや明るい場所でイイ結果を呼んでくれているとのこと!

IMG_3847

 

さて、それでは、次ページからティクトのアジング、メバリングワームを1つ1つ紹介していきますね!

1 / 4
次へ