ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

2017年JBトップ50シリーズ最終第5戦in霞ケ浦 初日トップは4340gで関和学、今大会を年間暫定首位で迎えた青木大介は10位


出典&アイキャッチ出典:JB NBCニュース

日本のバストーナメントの最高峰シリーズ「JBトップ50シリーズ」の2017年シリーズ最終第5戦が茨城県・霞ケ浦を舞台に10月21日ー22日の日程で行われる。

年間チャンプを決める最終戦ということで注目度はマックスに!

過去20年の歴代年間チャンプを振りかえってみましょう!

日本のバストーナメントの最高峰シリーズ「JBトップ50」 過去20年間の歴代年間チャンプ一覧

ちなみに今年2017年トップ50シリーズの4戦を終えての年間暫定ランキングは以下の通り

2017JBトップ50年間暫定順位(4戦終了時点)
順位 氏名 P計 P差 総重量
1位 青木大介 220p 0p 41,484g
2位 今江克隆 193p 27p 34,564g
3位 市村修平 190p 30p 33,004g
4位 小森嗣彦 186p 34p 34,109g
5位 野村俊介 183p 37p 30,826g
6位 山岡計文 177p 43p 34,972g
7位 小林知寛 177p 43p 32,410g
8位 佐々一真 177p 43p 30,809g
9位 北大祐 175p 45p 29,593g
10位 五十嵐誠 174p 46p 31,283g

 

さて、最終戦ですが、実は本来のスケジュールは10月20日、21日が予選、22日が決勝の3デイでのトーナメントだったのだが、10月21日が荒天のため中止に!

今回の最終戦は全員が参加する2デイで争われることに!

結果、10月21日と22日の2デイで行われることとなったのでした。
ちなみに予選はなくなり、全選手による2デイで争われることに!

さて、そんな中、10月21日、トーナメント初日が行われました。

参加者数52人でウエイイン率は71%、リミットメイクはわずか3人。
ノーフィッシュが続出する厳しい戦いとなったようです!

 

気になる初日の結果は?
初日成績上位7傑

ゼッケン 氏名 重量 ポイント
1位 T505 セキワマナブ関和学 4,340g 5匹 60p
2位 T5019 SHINGO 4,030g 5匹 59p
3位 T5040 タケウチトシミ竹内俊美 3,858g 5匹 58p
4位 T5018 イチムラナオユキ市村直之 3,634g 4匹 57p
5位 T5025 グンジジュン郡司潤 3,334g 3匹 56p
6位 T5012 ヤマオカカズフミ山岡計文 2,994g 3匹 55p
7位 T509 タケダハルキ武田栄喜 2,902g 3匹 54p

 

初日の全結果は以下のJB/NBC公式サイトのリンクからチェック!
http://www.jbnbc.jp/_JB2017/view_result.php?t_id=10050&days=3&page=day1

トップは関和学で5尾4340g。2位はシンゴで5尾4030g。3位は竹内俊美で5尾3858gという結果となった。

出典&アイキャッチ出典:JB NBCツイッター

 

今大会を年間暫定首位で迎えた青木大介は…
2304g初日10位の安定したスコアメイクで年間トップをほぼ手中に!

 

明日はついにシリーズ最終日、年間チャンプが決定する!