ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

今週の琵琶湖・オススメ情報【琵琶湖リサーチTVまとめ(10月6日収録分)】

本サイトの動画チャンネル、Youtube「ルアーニュースTVチャンネル」の人気コンテンツ「琵琶湖リサーチTV」はご存知でしょうか。

このコンテンツ、分析大好き系超理論派琵琶湖プロガイド・平村尚也氏がその時の琵琶湖の状況報告と見通しを解説してくれるチョ~便利な動画なのですが、最新収録分が公開となりましたので内容をかいつまんでお届けします。

まず、収録時のデータは以下の通りです。

水温:21度

水位:マイナス29cm

放水量:50t/s

雨や風が強い日が多かった今週。一気に秋めいてきた琵琶湖の状況ですが、平村尚也さんが今後、北湖へ出船することが多くなるため、南湖の最新情報を、南湖をメインに出船しているプロガイドさんからお話をお聞きしようということで、今回からゲストを招いてご紹介します。

今回のゲストは宮廣祥大(みやひろしょうた)さん。

宮廣さんんといえば、マグナムクランク・SKTマグナムシリーズの火付け役。秋だけでなく年中マグナムクランクを投げているという生粋のマグナムクランカー。

そんな宮廣さんからの南湖の情報ですが、水質がクリアアップしている所と、濁っている所とあり、バラバラだそう。

そんな中、現在もハマっているマグナムクランクですが、具体的にどんなシチュエーションで多用しているのでしょうか。

このマグナムクランク、全域で有効かといえばそうではなく、ウイードの高さと濁り具合などなどもあり。

現在、ウイードの高さが残っている代表的なエリアは以下のオレンジで示したポイントです。

ベイトはギルとハスの子供。どちらというわけでなく、両方いた方が◎。魚探と目視で確認するそうです。

ちなみに、クリアアップした場合は、こちらのルアーを多用しているそうです。

クリア、もしくは薄い濁りの場合はノヴェル120HFでウイードの面を巻く釣りが有効だそうです。

水温的に夏でも秋でもない中途半端な状況のため、いろいろなパターンに手をだすよりも。ルアーを絞ってハマる時間帯を見つける方法がベター。

三連休の琵琶湖釣行の参考にしてみてはいかがでしょうか。

というわけで、次回配信は10月13日(金)予定です。