ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

NZクローラー!デプスの注目のデカ羽根モノがついに登場【最新情報まとめ】

戦慄の水面バイトを呼び込むビッグクローラーベイトとして話題持ち切りの「NZクローラー

NZ(えぬぜっと)クローラーは元々は、桧原湖ガイドK-RO渡部圭一郎さんがハンドメイドで作っていたモノですが、このたび、デプスから量産型の「NZクローラー」が登場!

記者的にはプロト段階から、かなり気になっていたルアーで、何度かニュース記事を配信させていただいていました。

デプスの強波動ハネモノ登場予定「NZクローラー量産モデル」渡部圭一郎プロデュース

 

注目のNZクローラーが、ついに発売の時を迎えるんです

NZクローラーの気になる発売予定ですが、どうやら10月11日頃のようです。

価格は税別5,800円とのこと。
またデプス公式ホームページにも、NZクローラーに関する色々な新しい情報がアップされています!

NZ CRAWLER/NZクローラー
出典:デプス公式NZクローラー詳細ページ

サイズは134mm、重さは3ozクラス

 

デプス公式NZクローラー詳細ページ
https://www.depsweb.co.jp/product/nz-crawler/top.html

NZクローラーは、かなり偏平フラットでワイドなボディが特長のビッグクローラーベイト! かなり独特な特長が、それらを1つずつ紹介!

一番の特長はステンレス製の大型ウィングを搭載していること

ステンレス製の大型ウィングを搭載していて、こいつがフラットワイドボディをロールさせ、かなりトルクフルなクローラーアクションを生み出してくれる。


ボディから突出したスクリューがウィングロックを防止してくれ、時折ウィングと干渉しスクラッチ音を発生。

出典:デプス公式NZクローラー詳細ページ

 

ウィングは独自にチューニングや調整するのが楽しい

羽根モノというと、ウィングの角度調整など、独自チューンしたくなるもの。
このNZクローラーもウィングの広角やヒネリ角度を変えれば、アクションやスクラッチ音が変化するので、自分好みのアクションになるようにチューニングしたい!

出典:デプス公式NZクローラー詳細ページ

 

テールエンドにはコロラドブレードを搭載

■テール&ブレード
クロールアクションに加えて重要な要素となるのがテール部の動き!
テールエンドにはカスタムブレード(コロラド#4)が付いていて、それがクロールアクションに追従しながらフラッシングとボディやフックとのスクラッチ音を発生させてくれる。
またテールブレードのヒートンにプロップなど取付け、プラスαのアピールも可能!


出典:デプス公式NZクローラー詳細ページ

 

■フック/#1
フックアイにはスイベルが採用され、フッキング率の向上と身切れなどバラシを大きく軽減してくれる


出典:デプス公式NZクローラー詳細ページ

 

NZクローラーの実釣ムービーが配信されています
出演しているのはプロデュースする本人・渡部圭一郎さん

ちなみに桧原湖ガイドK-RO渡部圭一郎の裏メソッドとしてあるというのが、「裏返り着水姿勢から元に戻る回転アクション」。この動きはかなり高確率でバイトを誘発してくれるとのこと!

 

カラーバリエは6色

出典:デプス公式NZクローラー詳細ページ

 

ちなみに、このNZクローラーですが、あのキムケンこと木村建太さんの2回の実釣ロケでも大活躍してくれていました。

次ページではそのあたりの情報をお届けします!

1 / 2
次へ