ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

奄美大島-発のアジメバ系注目メーカー「クリアブルー」の全アイテム紹介

アジ&メバルなどのライトゲームの実釣イベントを全国各地で精力的に行っているのが、本社を鹿児島県奄美大島に置く、クリアブルーというメーカー。

クリアブルーの代表を務める本岡利将(もとおかとしまさ)さん。

出典:クリアブルー

本岡さんは、根っからのアングラーで、その経験を活かして釣具メーカーに勤務。そしてアジ&メバルの製品開発なども勢力的にこなす日々を送る。

そしてその経験を活かし、2015年からアジ、メバルといったSWライトゲーム主体のメーカー「クリアブルー」を立ち上げたのでした。

クリアブルーは立ち上がったばかりだけど、立ち上げ以前より、いろんなタックルの開発を進めていたこともあって、

かなりこだわりの詰まったアイテムを続々発表。

 

今回はそんなクリアブルーのアイテムを紹介してみます!

 

まずはワームから!
ワームは4タイプのモノが発売されています。

それでは1つ1つ紹介していきます!

 

Ajeel(アジール)2.0inch

テール部分が細くて長いピンテールになっている!っていうだけでも珍しいんだけど、そのピンテール部分に3つの小さなヒレのようなモノがついています!
ちなみにアジールという名前はウナギに形が似ているから!

うなぎ=eel
Aj(アジ)+eel(うなぎ) →Ajeel(アジール)としたそうです。

色々なアクションが出せるのが特長。
1秒1回転ほどのスピードで巻くとテール先端がクネクネ。
スローで巻くとテールの動きが止まってスーっと進む。
アクションをつけるとダイナミックに動き、アクションを止めるとブレーキがかかるように止まる。
ノーアクションで潮流を感じて細かく揺らぎアクション。
あとヒレの向きを横向き、縦向きにセットすることでもアクションを変えることができるとのこと!

 

 

JYARASHI(ジャラシ)1.9inch

 

年間通じて使いやすいピンテールの微波動系1.9インチ。

ボディが細すぎると扱いづらく飛ばなくなるので、ボディはやや太くして針が刺しやすい様に直径5mmに横に溝が入れてあるそうな。

で、吸い込みやすいように、ボディ中央部には2方向からの深いリブを入れて、ボリューム感がありながら、フッキングがイイようにデザインしてあるとのこと。

 

 

EBIFLY(エビフライ)1.5inch

軽いジグヘッドがよく釣れると聞くけれど軽いと飛ばないし、どこで何してるか分からない…そんな悩みをワームで解決しよう!という意図で開発されたのがコレ!

まずはボディ直径を太めの5mmにすることで1.5インチにも関わらずワーム単体で平均0.62gと重めの設定を実現!!
そしてキャスト時の空気抵抗が少なく、水中での存在感を得られるようボディの各所に凸凹をデザインしたとのこと。

 

動かさないとテールが縦に微妙に揺れるアクション。ロッドワークを入れ動かすとテールが縦や横になったりして強烈アピールしてくれる

 

 

 

 

Pinch(ピンチ)1.0inch

1インチのワームにすると…一般的には、存在感が分かりづらい、飛距離がでない、針が差しにくい…など、いろいろ難しい面がでてくるんだけど、それらを極力とりはらうべく作られたのがピンチ!

微振動を出すテールの動きで誘う!
ただ
刺し方を縦、横変えるとテールの動き幅が変わるとのこと。
・縦刺し…テールの先だけ動く超微振動
・横刺し…ロッドアクションで小さなテール全体が動く

 

次ページでは3タイプのジグヘッドを紹介

1 / 3
次へ