ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

パックロッド・モバイルロッド特集【持ち運び簡単!初心者にもおすすめ!100本以上を紹介】

年々、人気が高くなっている感じがするのが、パックロッド!

パックロッドという呼び方ですが、ほかにもモバイルロッド、コンパクトロッドなど、いろいろ呼び名がありますが、基本的にはコンパクトに収納できるという特長があります。

あと、振出タイプのテレスコピックタイプ、マルチピースタイプという分類もあります。

まぁでも、総称するとパックロッドとここでは呼びたいと思います!

さぁ、そんなパックロッドですが手軽に持ち運べて、いつでも釣りがはじめられるのがイイですよね。

昔はパックロッドといえば、性能はそこそこ、そしてやたらと汎用性の高いモノばかりだったと思うんですが、最近は魚種専用のモノがけっこうな種類あったり、性能的にもフラッグシップモデルに迫るモノもあったりと進化してる気がします。

 

ここでは、現在、どんなパックロッドがあるのか?を調査、メーカー別に紹介してみました。

 

おすすめパックロッド特集【ダイワ編】11シリーズ全36本を紹介

超バリエーション豊富にモバイルロッドをラインナップしているのがダイワ!

大きく分類すると、バス専用のモノ、汎用性の高いモノ、魚種に特化したモノという3つに分けることができます。

トータルすると11シリーズ全36本ありました!

それぞれのシリーズ、モデルは以下の記事を参照!

 

持ち運びが簡単!おすすめパックロッド特集【ダイワ編】11シリーズ全36本を紹介

 

 

おすすめパックロッドを大特集【シマノ編】4シリーズ29本を紹介

シマノからも、やはりパックロッドがたくさんでています。その数を数えてみると4シリーズ29本ありました。
シルアー用で3シリーズ、ディアルーナモバイル、トラスティック、ワールドシャウラツアーエディションがあり、ルアー用じゃないけど、新作のホリデーパックもありました!

それぞれのシリーズ、モデルは以下の記事を参照!

おすすめパックロッドを大特集【シマノ編】4シリーズ29本を紹介

 

持ち運び簡単!おすすめパックロッド・コンパクトロッド特集【メジャークラフト編】全26本を紹介

コスパの高いパックロッドを揃えているのが、メジャークラフト!数えてみると26本ありました。

バス用では、ベンケイとゴーエモーションの4ピースモデルの2シリーズがあります。

そしてSWゲーム用としては3代目クロステージの4ピースモデルが色んな魚種向けにたくさんラインナップされています。
例えば、シーバス、エギング、ショアジギング、ライトゲームなど。かなり豊富なバリエがあります。

あとはトラウト系のファインテール4&5ピースモデルもあります

基本的に10,000円台前半で買えるロッドばかりで、コスパの高いパックロッドがそろってます。
それぞれのシリーズ、モデルは以下の記事を参照!

持ち運び簡単!おすすめパックロッド・コンパクトロッド特集【メジャークラフト編】全26本を紹介

 

持ち運び簡単!おすすめパックロッド・モバイルロッド特集【アブガルシア編】5シリーズ全15本を紹介

アブガルシア【ピュア・フィッシング】からもたくさんパックロッドが発売されています。

汎用性の高いシリーズとしてABUホーネット・スティンガープラスABUクロスフィールドがあります。

あとは、用途別に以下の3つのシリーズがあります。
ソルトベイトフィネス用のABUソルティーステージ・KR-X・ベイトフィネスカスタム
遠征用のABUワールドモンスター
エリアトラウト用のABUマスビート エクストリーム

以上を合わせると5シリーズ15本あります。
それぞれのシリーズ、モデルは以下の記事を参照!

持ち運び簡単!おすすめパックロッド・モバイルロッド特集【アブガルシア編】5シリーズ全15本を紹介

 

いやぁたくさんありますね!

まだまだパックロッドはあるので、随時更新していきますね!