ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

1度使えば手放せない!タイラバ、メタルスッテ、ジグなどが置ける竿受け&チョイ置きトレイ「船べりBOX145」が便利すぎる!

船釣りでタイラバ、イカメタル、ジギングなどをしていて、ルアーを回収してチェンジする時やポイント移動時に船べりに置いていたら、船の揺れでルアーが転がって絡まったり、投入にもたついてしまうトラブル…。多くの方が経験されているのではないでしょうか。

そんなトラブルを解消する便利アイテムが第一精工から登場しました。その名も「船べりBOX145」

同商品には以下の特長があります。

  • タイラバ等を置いても移動時の転がり脱落を防ぎ、ティップへのライン絡み等、イライラ・トラブルを解消。ポイントでの素早い投入が可能
  • BOX内にはローテーションルアーを置けるので手返しアップ!
  • 遊漁船やプレジャーボートのロッドホルダー穴にパイプ・イン・パイプで固定できる
  • 2サイズのラバー製パイプ・イン・パイプは、ロッドホルダーの穴径40~47mmまでに対応。ロッドをキズ付けにくい形状

使用イメージ

取付方法はとっても簡単!

  1. 遊魚船やプレジャーボートのロッドホルダー穴に「船べりBOX145」を合わせ、穴径にあったパイプ・イン・パイプを船のロッドホルダー穴に上から強く押し込んで固定
  2. 下図のようにBOX部分が船べりより浮き上がらないように、パイプ・イン・パイプとBOX部分を交互に押し付けながら取り付ける

取り付け例

パイプ・イン・パイプは2サイズ付属

めっちゃ簡単でしょ!パイプ・イン・パイプ内径33mmタイプは、船のロッドホルダー穴径40~44mmに対応。パイプ・イン・パイプ内径35.5mmタイプは、船のロッドホルダー穴径44~47mmに対応。

左右どちらの向きにも取付可能で、BOX部は船べりに合わせて角度調整できます。これでルアーの投入や交換がスムーズになれば、釣果アップも間違いなしですね!

「船べりBOX145」の機能や使い方を解説している以下の動画も参考にしてください。