ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【進化系タイラバ】広範囲を探れるタイラバゲーム「キャスティング鯛ラバ」を解説

落として巻くだけで高級魚のマダイを狙うことができる鯛ラバ。その派生系のスタイルであるキャスティング鯛ラバをご存知だろうか?

キャスティング鯛ラバ・通称キャスラバは一般的な鯛ラバとは違い、船の真下にリグを落すだけでなく、キャストすることで、より広い範囲のマダイを狙うことができるという釣り方だ。

キャスラバのメリットはそれだけでなく、潮が動いていないような状況や、船が入れないようなシャローエリアを攻略することもできるため、従来の鯛ラバと併用することで、より守備範囲が広くなるのだ。

先日行った取材では、SLASHテスター・高橋氏に実釣役をお願いして、キャスラバの何たるかを解説してもらった。

高橋氏がキャスラバに使用したロッドが、スパライダSP-S712M-TB(SLASH)究極のサブロッドと銘打たれた本モデルは、キャスラバはもちろん、テキサスなどを使用したフラットフィッシュゲームや、ロックフィッシュゲーム、さらにはイカメタルやティップランにも応用できるという万能系ロッドだ。

実釣ではマダイはもちろん、瀬戸内エリアに棲息する珍魚もヒットさせキャスラバの可能性の高さを実践してくれている。

メリットが意外と多いキャスティング鯛ラバ。ぜひ動画を参考にタイラバゲームの手の内に新たな一手として加えていただきたい。