ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【iPhoneを守る】画期的な防水シール

Reprinted Source:TSURISOKU

出典:スマホバンク株式会社

突然の雨に打たれて~♪ そんな季節です。近年、釣り場で釣った魚を「カシャッ」てな具合に、スマートフォンで撮影する人も多いかと思います。そしてこんな季節になると、スマホに防水対策をしている人も多く見掛けるようになります。ただ、防水ケースにするとゴツくてサイズ感がアップしてしまう物も多いですよね。

そんな時に、かさばらずにシールを貼るだけで簡易的な防水ができてしまうのが「スマホの防水対策シール」です。スマホバンク株式会社のpitamoというブランドから出ているアイテムなのですが、なかなかイケています。

iPhone(5シリーズ、6シリーズ、SE)の防水対策シールになり、基本的には「完全防水」をうたっているアイテムではありません。完全防水ではないながら、なかなかの防水性能を誇ります。

実際にどれくらいの濡れに強いのかというと、「トイレに落としてもすぐに拾えばほぼ故障しないレベルの防水性能」だそうです(意外と分かりやすい笑)。

方法ですが、かいつまんでいうと、シールでiPhoneの水が侵入する部分(電源スイッチ周りなど)を塞ぐ仕組み。また、マイク周りに当たる所は撥水メッシュになっているなど、声が聞こえなくなるなんてことがない。シールは極薄の軟質PVC素材(ポリ塩化ビニル)で、防水テープで使われている素材と同じ。

つまり、薄いシールを張るだけなので、普段の使い方そのままで、かなりの防水効果が期待できちゃうのです。通話にタッチ操作、カメラ撮影に充電などなど、バッチリOKです。

完全防水を目的としたものではなく「トイレに落としてもすぐに拾えばほぼ故障しないレベルの防水性能」なため、最初からズブ濡れになることを想定した機能ではありません。

例えばあらかじめ大雨と分かっているなんて時には、このシールを貼って、防水ケースと併用すればかなりの効果が期待できるハズです。