ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【今江克隆の最終兵器!?】「イマエビ2インチ」! これで食わないバスっているの?なほど釣れ釣れ感満開ですゾ

今江克隆プロが、バスフィッシングにおいて、ボーズを限りなく無くすこと、必ず釣れることを念頭に作ったと言っても過言ではないほど、「食わせ」に特化したワーム「イマエビ2インチ」がIMAKATSU(イマカツ)から登場。

本名は「アンクルゴビィトライデント・プロ イマエビ2インチ」。

アンクルゴビィトライデントをベースに、三原虫でお馴染みのシリコンインサート成型(シリコンシートをワーム素材でサンドイッチする構造)の脚が装着された、まさにエビなフォルム。

これで食わないバスっているの?なほど釣れ釣れ感満開ですね。

ちなみに、同じく毛生え(脚生え)系ワームである三原虫が、スローフォール、フォールで誘うワームだったのに対し、このイマエビはフォールはもちろんながら、ボトム放置(底に置いておく)や放置後のワンアクションで誘うことも超得意だそう。

今江さんのオススメ使用法は、ネイルシンカー0.4gを挿入し、完全に沈めて放置&チョン(と動かす)という方法(まんまエビの動き)だとか。

またスモラバのトレーラーにするなど、毛(脚)が邪魔な時には、毛(脚)を簡単に外すことができるなど、自由度が高い仕様になっているそうです。

この形状なので、キャロライナリグでも無双でしょうね。

まさにボウズ回避の最終手段的ワーム「イマエビ」。
コレはタックルボックスに忍ばせておいた方がよさそうですよね。