ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

超リアルなデカベイトフィッシュを模した福島健プロデュース「ラストエース168」を詳しく紹介

先日は、福島健さんプロデュース!エバーグリーンFACTの新作ムシルアー「ギズモ」の情報をお伝えしました。

福島健の新型ムシルアーFACTギズモを徹底解剖

 

さて、実は先日の福島さんのロケでは、もう1つの新作プロトルアーを見ることができました。それは…。

 

FACT  ラストエース168【エバーグリーン】

 

ラストエースといえばすでに75mmサイズがでていますが、新作プロトの168は、そのラストエースの巨大バージョンです。

サイズ表記以上に全体のボリューム感は違いますよね。

 

さてこのラストエース168ですが、最大の特長はリアルでデカいベイトライクなことに加えて、ラインスルー構造になっていることです。

 

このラインスルー構造による利点は、ワーム全体でみた時にパーツ部分が頭付近の一角だけという感じで少なく、とにかくワーム全体が生き物チックに艶めかしく動くということ。

さらにラインスルー構造によって、ヒット、ファイト時に上写真のようにフック部が独立して動くので、バレにくく、ワームが破壊されにくいという利点もあるのです。

 

福島さんの使い方は主に3つ。

まず1つがトゥイッチやジャークを織り交ぜながら中層をフラッシングさせながらサーチベイト的に使う方法。

もう1つはチェイスがあったりしたら、そのままフォールさせたり、ボトムでキツいトゥイッチを入れたりしてリアクションバイトを誘う方法。

そしてもう1つは水面をダートさせながら、まるでボイルに追われたベイトのように誘う方法。

以上3つの誘い方で使っていました。

ロケでは上記3つの方法をローテさせながらイイ魚をとってくれました。

 

 

発売は未定ながら年内発売かも⁉とおっしゃっていました!!楽しみですね。

ちなみにこんなブリスターケースにトリプルフックが1つ付くような形で発売される予定とのこと。