ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

通常の偏光として!さらにオーバーグラスという2WAY使用できる斬新な偏光グラス「クロスオーバー」を超詳しく紹介

バスも、ソルトも、ハイシーズンのこの時期に必須アイテムといえるのが偏光グラス。
記者も取材、プライベートの釣りでもちろん100%かけていますし、イイのが、ないかなぁーといつも物色してますw。

 

そんな中、ちょっと気になった偏光グラスがあったんです…。それは…。

クロスオーバー【ジールオプティクス】


SPEC DATA
FRAME : Nylon
LENS: TALEX CR-39 Polarized / Hard Multi Coat / 4 Curve
SIZE : 58□16-157(60×40)
価格:22,000円税別

 

実際の素材感などはショートムービーを撮ってみたので、ぜひチェック!

通常の偏光グラスとしての使用プラス、オーバーグラスとしても使える

さて、この「クロスオーバー」という偏光グラスですが何で気になったのか?というと…!

ズバリ通常の偏光グラスとしてフツーに使えるだけでなく、オーバーグラスとしても使えるタイプの偏光だったから!

ちなみに、この記事を読んでいただいている人の中には、えっ? オーバーグラスって何? という人もけっこういたりするかもしれませんが…。

簡単にいうと、普通のメガネを掛けた上から、かけられる構造のモノがオーバーグラスと呼ばれているんです。

出典:ジールオプティクス

 

記者自身、普段はメガネとコンタクトを併用して生活していて、釣りの時はコンタクトっていう感じの生活を送っているわけなんですが…。

最近、釣り用で度つきの偏光グラスを買おうかなと物色していた時に、おもいがけず、このオーバーグラスタイプの「クロスオーバー」を見かけて、「エッ!メガネつけたまま、付けられる偏光なんだ!」とリアクションしてしまったというわけなんです。

 

で、実際、じっくりと掛けたり外したり、試してみました。

まずはフツーにかけてみると…。

 

ちなみにフレーム構造はレンズ部とテンプルフレーム部が立体的になったフローティング構造!
ユガミの少ない4カーブレンズが装着されて機能面が優れているだけでなく、デザイン的にかっこいいんですよねぇ!

 

 

さて、続いてオーバーグラスはどんな感じなのか?というと…

ノーズパットがあるんですが、ワンタッチで外せるんです。

 

でノーズパッドを取り外すとオーバーグラスにシフト!

小ぶりなメガネフレームの上から着用する場合はノーズパッドをつけたままでOK

 

 

つけてるのを忘れてしまうぐらいの装着感。締めつけ感も全然ないですよ!

 

メガネの上からオーバーグラスとして使った場合はこんな感じ!

 

 

メガネを掛けた上からオーバーグラスで! さらにはコンタクト装着のまま、フツーにかけてもOK!

2WAYで使えるオーバーグラス対応の偏光!

記者のようにメガネとコンタクトを併用している人にはマジでおススメですよ!

 

ちなみにフレームカラーは、マットブラックとクリアブラウンの2色あり

 

 

フレームとレンズの組合せバリエも豊富!

 

クロスオーバーの詳細についてはジールオプティクス公式ホームページをチェック!
http://www.zealoptics.jp/products/index.php?itemid=1400

 

またZEAL OPTICS / BUNNY WALK のオンラインダイレクトショップ「glen.jp」で購入もできるので、こちらもぜひチェック!

GLEN FIELD ONLINE STORE

http://glen.jp/zealoptics/crossover.html