ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

チヌ・クロダイゲームでおすすめのオサムズファクトリーのチニングルアー「ホップコーン」を紹介

ボトムチョイ浮かせで攻めることができるホップコーンを紹介

チヌ・クロダイゲームはアツいですね。

チヌゲームの定番ルアーというとボトムをトレースする底ズル系ルアーですが、ここではその底ズル系ルアーとは少し違う「ボトムチョイ浮かせ系ルアー」を紹介します。そのルアーはオサムズファクトリーのホップコーンというルアー。

今回は、このホップコーンを開発した張本人である三倉治さんにホップコーンの特長や開発秘話などを明かしていただきました。

 

三倉 治Osamu Mikura 寝る間を惜しんでチヌを攻略しマクるルアーブランド・オサムズファクトリー代表。今やズル引きルアーの代表となっているズル引きコーンをはじめ、数多くのチニングルアーを考案し世に送りだしてきた。ハイシーズンはもちろん、オフシーズンとされる真冬にもチヌを狙い続け、チニングの新たな可能性を探り続ける探究者。その研究意欲は凄まじく、オフィスでチヌを飼いならし食性や行動パターンを観察するほど。1968年5月生まれ。大阪府出身、在住

 

出典:オサムズファクトリー公式ホップコーン詳細ページ

ホップコーンは実は冬チヌ通いから生まれた!

冬チヌ攻略のため、時間を見つけては厳寒期の人気のないフィールドで調査を行っていた時のこと。通常のズル引きではなかなか反応が得られなかったので、ズル引きコーンのリフト&フォールで攻めていました。すると、リフト中に異常にアタるタイミングがあることを発見。

このパターンを繰り返し研究していくと、どうやらボトムべったりの状態よりも、少しボトムを切った状態に反応がよいことが分かりました。「若干浮いたこの状態を常に維持できれば、冬チヌ攻略がもっとラクになるはず!」。
ズル引きコーンチョロ引きシュリンプは基本的にボトムを引くために設計させているため、浮いた状態を維持し続けるのはなかなか大変。そこで思いついたのが、ウエイトとボディを分けて、ボディを浮かせるという発想でした。そのアイデアを形にしたモノが、このホップコーンです。
真冬のチヌ研究がこのホップコーンを生んでくれたんです。

ボトムズル引きで使用するズル引きコーンVr.2(左)とチョロ引きシュリンプ(右)

ホップコーンで追求したのは浮力と強度のバランス

ホップコーンはボトムから少し浮いた状態を作るため、ボディそのものは非常に軽いです。ボディ単体であれば水面に浮くほどの浮力を持っています。しかし、このボディを完成させるまでには大きな課題がありました。それは、軽くする=強度が落ちるという点です。

ご存知の通り、チヌという魚は甲殻類や貝などを、強靭なアゴで噛み砕いて捕食します。そのため、単純に軽くしただけではボディがスカスカ状態となり、チヌのバイトに耐えることができません。試行錯誤を繰り返した結果、絶妙な軽さと強度を兼ね備えた素材配合にたどりつきました。結果ズル引きコーンとまったく同じサイズにも関わらず、水に浮くという驚きの軽さを実現することができました。

そしてそのボディを支えるのが、ボディ下部に設けられたウエイトです。このウエイトは、フィールドやチヌのコンディションに合わせ柔軟に対応するため、交換可能な設計になっています。沖を狙いたい時や、潮流が早い場合は7gにチャンジし、シャローやボトムが荒い場合は、3gにチャンジするなど、ホップコーン1つあれば、様々な状況に対応することができます。

ホップコーンの特長

冬チヌ攻略のために開発したホップコーンですが、その小さなボディには計り知れない可能性を秘めています。
その1つがホップコーンの大きな特長である「浮く」という点です。ボトムを切って浮いた状態を維持するということは、すなわちフックがボトムに着くことがないということです。

そのため、フックそのものが根掛かりするということは極めて少なくなります。チヌゲームではボトムを攻略をするため、従来までの課題点を克服しています。

また、フックが常に宙吊り状態なので、ショートバイトでも高い確率でフッキングに持ち込むことができ、キャッチ率もUPします。
さらに、ボディそのものが高い浮力を持っているため、シンカーを外せば表層をトップウォーターのように攻めることもできれば、リーダーを結べばキャロやダウンショットだって可能になります。ウエイトを調整すればサスペンドになり中層攻めだってこなす、オールレンジ対応のチヌルアーなんです。冬のみならずオールシーズン使うことができます。

塗装前のプロトタイプ。ボディの浮力にともなってフックも水中に漂うため、フッキングもバツグン。また、ウエイトが1カ所に集中しているため、同じ重さのズル引きコーンに比べ飛距離も高くなっている

 

その場の状況に応じてウエイトを交換可能。ウエイトはスプリットリングで固定されているため、市販されているダウンショット用のウエイトも装着することができる

 

ボディサイズは、ズル引きコーンと同じサイズ。しかし、ボディは水に浮くほどの軽さと、チヌのバイトに負けない強度を兼ね備えている

 

 

 

ホップコーンは単体使いが基本だけど、状況によっては高浮力ワームをトレーラーに装着!

そのままでも高い浮力を持つホップコーンですが、潮が動かないような状況や、食いがシブいような時は、フックにブルンブルンを装着することで、浮力とアピールをUPさせることができます。


ブルンブルンは、特長的なアームが浮力を生み、水中でフワフワと漂うことでチヌにアピールします。ホップコーンにブルンブルンをセットすると、ボディがフワフワ~、フックもフワフワ~、ブルンブルンもフワフワ~な超フワフワアピールが可能になります。ダウンショットの要領で一点シェイクをすれば、その魅惑的なフワフワアクションに、チヌも思わずバイトすること間違いナシ!

シブい状況ではブルンブルンのフワフワアピールが大活躍! フォールスピードを抑えることもできる

 

 

潮が止まってシブい状況で、ホップコーン+ブルンブルンを投入し、見事にチヌを捕獲。水色やベイトに応じてワームカラーをローテするのもお忘れなく!