ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【バス釣りルアーの使い方】ワーミング前編【琵琶湖-春夏対応=解説=平村尚也、荻野貴生、小池貴幸】

日本を代表するビッグレイクで、日本で随一のデカバス出現レイクとして知られる琵琶湖。
そんな琵琶湖での釣りをマンキツするための釣り方、ルアーを紹介します。
出典:琵琶湖のバス釣り完全ガイド・シーズン4

今回紹介するのは、ワーミングパターン。

どの時期も必ず必要なのがワームを使った誘い! ここでは春から初夏にかけてのウイード攻略を中心に、あらゆる状況に対応するためのワーミングテクを前編、後編に分けて紹介。
今回の前編で解説してくれるのは、平村尚也さん、荻野貴生さん、小池 貴幸さんという3人の鬼釣らせプロガイドさんです!
内容は琵琶湖の春~夏にかけての攻め方について解説いただきました。

平村尚也のワーミングパターン

荻野貴生のワーミングパターン

小池貴幸のワーミングパターン

解説=平村尚也 Naoya Hiramura

長きに渡り、マザーレイク琵琶湖の変遷を見続けてきた通称・リサーチ魔。年間通しての状況変化やパターン、傾向を追いかけ、日々変わっていく琵琶湖と戦い続ける理論派プロガイド

●琵琶湖ガイド情報●
truth=ガイド受付 http://www.truth-biwako.com/
出船マリーナ:レークマリーナ0rファイブオーシャン(守山市木浜町1641/長浜市西浅井町大浦1823)
ガイドエリア:全域
ホームページ:http://www.truth-biwako.com/
ブログ:http://www.truth-biwako.com/blogs/hiramura/
使用ボート…チャンピオン201DCR
遊漁船登録番号:滋賀第13号

釣行に役立つオススメ情報サイト=「国土交通省琵琶湖河川事務所」琵琶湖の水位と放水量が掲載されるサイト。放水量の変化でパターンが変わるので、1日に数回は必ずチェック
琵琶湖オススメランチどころ=ヤマハマリーナ

パターン解説

アフターはキャロでスローにエビモを探る! 初夏はDSでウイードエッジをフォールで釣る

アフタースポーンのバスに対してはスローに狙うことが鉄則。特に5月から6月にかけてのスポーニング直後のメスを狙うのならば、エビモパッチなどをメインに狙う。
その際に目に見える場合はライトTXのロングワームなどになるが、目に見えないエビモを探しながら釣っていく場合にはフリックカーリーのキャロやスプリットショットを用いてエビモを探しながらドラッギングで流して、シンカーがエビモに掛かったらスローに止めて食わす。この方法で5月や6月はかなりのビッグバスがキャッチできるだろう。

出典:ジャッカル
ただ、初夏になるとウイードが成長してきて、バスもスポーニングの後遺症から回復して浮きあがるので、アーリーサマーのバスにはDSを用いてフォーリングで狙うことになる。曇りや雨ならトップやジャークベイトの出番となるが、晴天の場合はウイードエッジのシェードに浮いていることが多いので、フリックカーリーのDSをフォールさせると劇的に反応する。このパターンは夏になっても有効なので、アフターから夏、そして秋のアユが入ってくる時まで使えるだろう。

 

シチュエーション解説

アフターでは、キャロで見えないエビモを狙う! アーリーサマーではDSでウイードエッジを狙う!

アフタースポーンのバスはスポーニングエリア近くのエビモを意識する。エビモが目視できるようになるとTXなどの出番となるが、広大なウイードエリアで見えないエビモを釣る場合にキャロは有効だ。エリア的には木ノ浜沖、赤野井、アクティバ沖、六本柱周辺、北山田、浜大津などのウイードエリアがキャロに適したエリアとなる。

一方、アーリーサマーシーズンに突入するとバスは成長したウイードのエッジに浮くようになる。そうなれば西岸のアクティバから浜大津までのアウトサイドエッジ、ウイードホールのエッジ部分、東岸の赤野井、北山田のウイードエッジを探してDSのフリックカーリーをフォールさせるのがオススメだ。

ベストマッチルアーはコレ!
フリックカーリー4.8inchのキャロ&DS【ジャッカル】

フリックカーリーは、あのフリックシェイクが持つ素材のよさと、曲がったボディゆえのバイブレーションという釣れる要素に、カーリーテールが持つ釣れる要素を掛け合わせたモノ。

テールはテーパーになっており、スロースピードでも泳ぎだしが速く、キャロやDSの時にシンカーの動きやロッドワークで動かしたあとにラインがゆるみだす瞬間、自発的にカーリーテールだけが動くので、ロッドを持っているアングラーが止めていると思っても、実は動いてバスを誘うという特長を持っている。

フリックカーリー関連ニュースは以下の通り
日曜日の午後に釣れるシリーズ「フリックカーリー3.8インチ」が4月登場

あのジャッカルのフリックカーリーに新たなサイズが登場【平村尚也プロデュース】

 

平村尚也のワーミング使用タックル

■使用タックル

◎キャロ用…WSS69L+(レジットデザイン)ツインパワー2500(シマノ)+ナスリーNウォーカーF1・6Lb(YGKよつあみ)を60cm※シンカーは1/8oz、フックはフィナ・WRM951♯3/0(ハヤブサ)

WSS69L+
全長: 6ft.9inc / 標準自重: 90g / アクション: MF / グリップ長: 230mm / 先径: 1.2mm / 元径: 8.9mm / 継数: 1pc / 適合ルアー: 1.8-9g / 適合ライン: 3-6lb / カーボン: 85% / アラミド: 10% / グラス: 5% / メーカー希望小売価格: 29,800円 /
ロングロッドバーサタイルスペック。琵琶湖のようなビッグレイクにおけるライトリグ用としてはもちろん、ムシパターンやボイル撃ちなどの表層系、シャッドなどの巻物、ライトキャロ、パワーフィネスにも使える汎用性の高さが際立つロッドです。操作性に優れるしなやかなティップと強靭なパワーを持つバットを、負荷がかかればスムースにパワーバンドが移行するベリーでつなぎ、アラミド繊維による補強でまとめ上げました。バットには46トンカーボンを採用し、強さと軽さを兼ね備えています。一見特殊なスペックですが、代替の効かないスペシャルなスペックのロッドです。

出典:レジットデザイン

 

製品画像
出典:フィナ

◎ダウンショット用…WSC64L(レジットデザイン)アルデバランBFS XG(シマノ)ナスリーNウォーカーF1・8Lb(YGKよつあみ)をリーダー30㌢ ※シンカーは1/8oz、フックはフィナ・スピンマッスル♯3(ハヤブサ)

WSC64L “Bait Finesse”
全長: 6ft.4inc / 標準自重: 94g / アクション: MF / グリップ長: 195mm / 先径: 1.4mm / 元径: 8.8mm / 継数: 1pc / 適合ルアー: 1.8-10g / 適合ライン: 6-12lb / カーボン: 85% / アラミド: 10% / グラス: 5% / メーカー希望小売価格: 28,500円 /
最も繊細なベイトフィネスモデル。優れた性能のベイトフィネスリールと組み合わせることで、スピニングの領域に踏み込んだリグを、正確に、手返し良くキャストすることが出来ます。46トンと24トンのカーボンを巧みに組み合わせ、アラミド繊維で補強を施すことで、シャープで繊細、それでいて細いラインを守るしなやかさ、カバーからバスを引き離すトルクを併せ持つブランクに仕上げました。操作性を高めるグリップ長や感度とキャスト精度を高めるガイドセッティングなど、徹底的に作りこまれたロッドです。ガード付マスバリでのネコリグをメインに、スモールサイズのプラッギングもこなします。

出典:レジットデザイン

 

 

出典:フィナ

1 / 3
次へ