ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【専用だと!?】ホタルイカすくい専用設計「SQネット ホタルイカ仕様」がゴールデンミーンから登場。北陸の春の夜長のお供にッ!

釣りや釣場に関する、それこそ様々なアイテムが展示されているのがフィッシングショーなのですが、中でも実は記者的にものすっごく気になってしまったアイテムを紹介します。

それは、機能性に優れコスパの高いアイテムをじゃんじゃんリリースしている釣具メーカー「ゴールデンミーン」のブースに展示されていたネット(網)「SQネット ホタルイカ仕様」です。

2

コレは、そのものズバリで、北陸地方(特に富山湾)で、春先の夜に産卵のために接岸するホタルイカをすくうために開発されたネットなのです。

0

つまり、「ホタルイカすくい専用設計」ということ。

こういう特化系アイテムって、めちゃくちゃそそられますよねw


で、どういうところがどれぐらい専用設計なのかと言いますと…

まず、ネットの枠が、夜光です。


つまり柄が光ることで、自分の柄が視認できるため、夜の海でもストレスなくホタルイカすくいが楽しめるということです。

素晴らしいですね。

 

さらに、ネットの編み方もヤバいッ!


このネットは、3種類の異なるピッチの網目を絶妙に組合せた「3ピッチ・ラバーコートネット」を採用。

どういうことかと言いますと、枠から底に向けて順番に3段階で網の目が大きくなっているのです。

これにより、枠付近ではピッチが小さいので水中でネットがしっかり膨らみ※①、底に向かってピッチを大きなるので、水が抜けて抵抗が軽減します※③。

つまり、圧倒的な「すくいやすさ」を実現しているのです。

そして、当たり前ですが、ホタルイカを無駄に痛めないラバーコート仕様。

もう有り余る「ホタルイカ愛」が、ネットからこぼれんばかりですねw

 

ちなみにジョイント部はこうなってます。


ゴールデンミーンのSQネットのネット部を交換したり、GMシャフトなどに取り付けたり、またお手持ちの玉の柄に取り付けても使用可能とのこと。※ただし製品によって一部ネジの寸法が合わない場合があるそうですので、ご注意を!

 

製品の仕様は以下の通り。

  • ネット素材:ラバーコートネット(深さ300mm)
  • 自重:250g
  • ネットフレームサイズ:H400×W400mm
  • 本体価格¥2,800(税別)
というわけで…
北陸地方の春の夜の風物詩であるホタルイカの産卵は、春の新月時の波の静かな夜(満潮時がよい)にピークを迎えるので、今年もすくうゾ!というアングラーも、今年こそはすくうゾ!というアングラーも、このネットを試してみてはいかがでしょうか。