ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【動画公開】GETNET初のスイムベイト「ブリキンスイマー5.4」に迫る!

スイムベイトって集魚力が強くて、いいサイズが狙って獲れることからも人気のルアージャンル。

ただ、ひと口でスイムベイトといってもソフトタイプ、ハードタイプがあり、サイズも様々。

ルアーの大きさによっては、それ相応のタックルが必要になってくる場合もありますが、こと陸っぱりアングラーにとっては、できるだけタックルは絞りたいというのが正直なところ。専用タックルでなく、手持ちのロッドを流用できる手ごろなサイズが好まれることも多いのです。

そんな現場の声から生まれたといっても過言ではないスイムベイトが、フィッシングショーOSAKA2017のオーナーばり/GETNETのブースにありましたよぉ!

ブリキンスイマー5.4

20170205_162711

船長こと杉戸繁伸さんがデザインしたスイムベイトで、名前の由来はブリブリに泳ぐ金魚→ブリキン、というのを開発ネームにしており、そのまま商品名になったとのこと。

開発コンセプトは「水面下50cmを究極のデッドスローリトリーブで引ける」。

野池など水深の浅いフィールドでは、攻略必須となる超シャローレンジを、ごくゆっくりとしたスピードでリトリーブできるのが、このブリキンスイマー5.4の一番の強み。

_MG_8262

そして、冒頭にも書きましたが、扱いやすさ。

MHクラスのベイトタックルで背負える1ozクラスのウエイト設定

ロッドとたくさん持ち込めない陸っぱりアングラーにジャストなウエイト、1ozクラス。

このブリキンスイマー5.4は本体は28g、フックを足すと32gと、ラバージグやテキサスリグ、直リグなどを使う硬めのMHクラスのベイトタックルで十分に扱える大きさ。

 

独特なボディデザインが生み出す、飛距離

ボディの中央にバランスを持ってきて、なおかつ低重心の設計。この独特なボディデザインが驚くべき飛距離を生み出します。また、テール部にかけてはボディとは対称に薄く作られており、水噛みがよくシャッドテールの立ち上がりも早い。ロングキャスト後、着水からすぐにリトリーブが開始でき、効率的に攻められます。

 

2パターンのフックセッティング

「ブリキンスイマー5.4」には元々フックキーパーが採用されています。しかも2パターン。

SnapCrab_NoName_2017-2-9_14-41-12_No-00

まず1つは、一番キープ力が強いセッティング。あらかじめ、フックを刺す穴が設けられているので、そこに刺すだけ。

SnapCrab_NoName_2017-2-9_14-45-35_No-00

もう1つは、フィンストッパーを使用するパターン。バイト時にはフックがすぐに外れるので、フッキング率がアップするバージョンです。

このフィンストッパーですが、実はストッパーの役目だけでなく、実はスタイビライザーのようなパーツにもなっているおかげで、高速リトリーブにも対応。

コンセプトである、究極のデッドスローリトリーブとは真逆ですが、表層高速リトリーブもこなしてしまうという、1つで2度美味しいスイムベイトになったそう。

SnapCrab_NoName_2017-2-9_14-59-45_No-00

もう少し深い場所を攻めたい…そんな時はネイルシンカーチューン

「ブリキンスイマー5.4」は陸っぱりを意識してデザインしたコンパクトなスイムベイトながら、杉戸さんは自身のメインフィールドである琵琶湖でも使用。その場合、もう少し深い水深を狙いたいことがあるそう。そんな時は、ネイルシンカーをプラスするんですが、「ブリキンスイマー5.4」には、ネイルシンカーホールを採用。

実はGETNETのソフトルアー・ジャスターシリーズにもネイルシンカーホールは採用されているのですが、この親切な感じ、ありがたいですよね。

まとめると…シャローレンジを究極のデッドスローリトリーブで攻められる陸っぱりに特化したスイムベイトがコンセプトながら、結果的にはオールスピード&オールレンジ対応の、超優等生なスイムベイトに!

ということで、ざっと解説しましたが、質感&サイズ感が分かるショートムービー&YouTubeの動画も参考にしてくださいね!

発売を楽しみに待ちましょう!