ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

凄腕アジンガーに聞く!「アジングで最も多用するジグヘッドとワームは?」【トモ清水 編】

アジングのメインリグである、ジグヘッド(単体)リグ。

最近では「ジグ単(じぐたん)」と呼ばれることも多いリグですが、世の中には様々なアジング用のワームがあり、また様々なジグヘッドがありで、正直どういう組み合わせを使うか迷う人も多いでしょう。

そこで、ここでは「ジグ単攻めの際にコレを最も投げてる!」という実績鬼高&信頼激厚のジグヘッドとワームの組み合わせを、凄腕アジングマニアのトモ清水氏に聞いてみました。


0

トモ 清水(とも しみず)

PFJ(ピュア・フィッシング・ジャパン)であらゆる魚種用のAbu Garciaロッド製品開発を担当するスーパーマルチアングラー。ホームは、関東外房(フィールドテストで全国行脚するため、大阪、広島、九州、北陸すべてセカンドホームグラウンド)。趣味はサーフィン、スノーボード、キャンプと多趣味だが、釣りはダントツ! 1977年9月生まれ。石川県出身。


トモ 清水氏の超多用ジグ単セッティングはコチラ↓

 

ジグヘッド:バークレイ・アジデント 1.5g(ピュア・フィッシング・ジャパン

ワーム:バークレイ・パワーベイトSW マイクロクローラー・アジングカスタム3インチピュア・フィッシング・ジャパン ※カラー:伊勢湾スーパーグローシルバーフレック

その理由は…

初場所など、アジのいるポイントを探す時はこのセッティングがベスト。

そしてこのニューカラーであるご当地カラーのスーパーグローシルバーフレックはどんな状況にも対応してくれます。

出典:ルアーニュース増刊号「激釣!アジング・シーズン17」DVDボックス