ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

凄腕アジンガーに聞く!「アジングで最も多用するジグヘッドとワームは?」【辻原伸弥 編】

アジングのメインリグである、ジグヘッド(単体)リグ。

最近では「ジグ単(じぐたん)」と呼ばれることも多いリグですが、世の中には様々なアジング用のワームがあり、また様々なジグヘッドがありで、正直どういう組み合わせを使うか迷う人も多いでしょう。

そこで、ここでは「ジグ単攻めの際にコレを最も投げてる!」という実績鬼高&信頼激厚のジグヘッドとワームの組み合わせを、凄腕アジングマニアの辻原伸弥氏に聞いてみました。


0

辻原伸弥(つじはら しんや)

メバリングやエギングを得意とし、その活動の場は国内のみならず海外にも広げる業界を代表するベテランアングラー。ダイワ月下美人・エメラルダス開発に携わり、日々フィールドに出向き、豊富な経験から培った独自の理論から展開される新たな狙い方はテクニックや開発へと注ぎ込まれる。元祖シーバステクニック「ダーティング」創始者でもある。ダイワフィールドテスター。ホームは神戸-明石エリア。兵庫県神戸出身&在住。


辻原伸弥氏の超多用ジグ単セッティングはコチラ↓

1

ジグヘッド:月下美人 SWライトジグヘッド鏃(やじり) SS 0.6g(ダイワ)

ワーム:月下美人クロスビーム2.5インチ(ダイワ)※カラー:グローピンク

その理由は…

フォール中からアジを誘いたいので、安定したフォール姿勢でスリム&ロングボディのクロスビーム2.5インチを0.6gの鏃で使用。

特に活性の高いアジほど、フォール中もしくは着底時にバイトすることが多いので、視認性にスグれたフォルムとカラーをセレクトしている。

出典:ルアーニュース増刊号「激釣!アジング・シーズン17」DVDボックス