ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

凄腕アジンガーに聞く!「アジングで最も多用するジグヘッドとワームは?」【三好仁数 編】

アジングのメインリグである、ジグヘッド(単体)リグ。

最近では「ジグ単(じぐたん)」と呼ばれることも多いリグですが、世の中には様々なアジング用のワームがあり、また様々なジグヘッドがありで、正直どういう組み合わせを使うか迷う人も多いでしょう。

そこで、ここでは「ジグ単攻めの際にコレを最も投げてる!」という実績鬼高&信頼激厚のジグヘッドとワームの組み合わせを、凄腕アジングマニアの三好仁数氏に聞いてみました。

0

三好仁数(みよし まさかず)

エコギア・プロスタッフ。1967年12月生まれ。兵庫県出身&在住。神戸エリアや淡路島全域などをホームに、ジグヘッドリグとJHスプリットで高速ランガンするライトゲームフェチ。アジの生涯最大サイズは2009年に越前にてJHキャロで釣った38㌢。趣味は超マイクロフィネスなゲーム・タナゴ釣り、テナガエビ釣りなど。Facebookなどで釣りネタをユル~く更新中。


三好仁数氏の超多用ジグ単セッティングはコチラ↓

1

ジグヘッド:シラスヘッドファイン0.9g(エコギア)

ワーム:アジ職人 アジマスト2.4インチ (エコギア) ※カラー:#017 クリアシルバーFlk.

その理由は…

直進安定性、フォール姿勢ともに完成度の高いシラスヘッドファインに、ロングボディのアジマスト2.4インチという組み合わせを最多用します。

このセットの高いアピール力を武器にその日のアジの活性を確認するイメージです。

カラーは、クリアシルバーFlk.。潮馴染みがよく常夜灯のあるなしに関わらずこのカラーを使用しています。

出典:ルアーニュース増刊号「激釣!アジング・シーズン17」DVDボックス