ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

凄腕アジンガーに聞く!「アジングで最も多用するジグヘッドとワームは?」【黒原祐一 編】

アジングのメインリグである、ジグヘッド(単体)リグ。

最近では「ジグ単(じぐたん)」と呼ばれることも多いリグですが、世の中には様々なアジング用のワームがあり、また様々なジグヘッドがありで、正直どういう組み合わせを使うか迷う人も多いでしょう。

そこで、ここでは「ジグ単攻めの際にコレを最も投げてる!」という実績鬼高&信頼激厚のジグヘッドとワームの組み合わせを、凄腕アジングマニアの黒原祐一氏に聞いてみました。

0

黒原 祐一(くろはら ゆういち)

ホームは山口県東部の瀬戸内エリア。JHリグに加え、JHスプリット、JHキャロを使用した大胆かつ繊細な釣りが得意。また、ライトゲームにベイトフィネスタックルを導入するなど、探究心も果てしない。趣味は、当然ながら釣り! そしてカメラ。山口県出身&在住。エバーグリーン・プロスタッフ、アルカジックジャパン・ブランドビルダー、がまかつ、スワンズ・モニター


黒原祐一氏の超多用ジグ単セッティングはコチラ↓

1

ジグヘッド:Ar.ヘッドジャックアッパー1g(アルカジックジャパン)

ワーム:ギムレット2インチ (エバーグリーン)

その理由は…

アジのサイズを問わず多用しているジグ単セッティングがコレ。

ギムレットはテールの付け根のクビレが微波動を生むとともにバイト時には折れ曲がってくれるため、吸い込みやすくフッキング率も高い。

素材もネバリをもたせているので耐久性も高くズレにくいので釣りに集中できる。

ストレートピンテールタイプのワームなのでオールマイティに使え、1㌘のウエイトは飛距離、フォールスピードなどを考えるとアジングにはベストなウエイトだと思う。

出典:ルアーニュース増刊号「激釣!アジング・シーズン17」DVDボックス