ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【今釣れてます】異色メタルバイブ・ノリーズ「TG ジャカブレード」に超注目! デカバスをジャカジャカ釣ってる諸富プロにその真相を直撃!!

低水温期、冬のバスフィッシングでよく釣れるテクニックに、テッパン系メタルバイブレーションのリフト&フォールによるリアクション狙いがあります。

今やこのテクは絶対的定番ということで、各社からいろいろなタイプのメタルバイブレーションが発売されているのですが、中でも異色のメタルバイブレーションが、ココ最近の琵琶湖で好調のようです。

そのメタルバイブとは、ノリーズの「TG ジャカブレード」です。

出典:ノリーズ

実は、この「TG ジャカブレード」を使って琵琶湖で釣りマクっているのが、ノリーズ・プロスタッフで琵琶湖プロガイドの諸富真二プロなのですが、その釣れっぷりがかなり気になるということで、その特徴、使い方とキモ的な部分を、当の諸富プロに聞いてみました。


o0480064113824938985
出典:諸富真二ブログ

まず「TG ジャカブレード」の特徴は、何といってもボディに装着されている小型のブレード

コレが、他のメタルバイブとの明確な差になっているのですが、諸富プロによると、このブレードがフォール中に回転してフラッシュするだけでなく、ボディとも接触することで金属音を発するため、バスへのアピールがかなり大きいとのこと。

確かにこんなメタルバイブは、他になかなかないですね。

さらに、このブレードがあることからフォール姿勢も独特で、タテにストンというより、横にもスーッとアクションしながらフォールするとのこと。この独創的なアクションが、通常のメタルバイブにスレたバスや、反応しないバスが反応してしまう要素になっているでは…と諸富プロは考えているようです。


で、実際の使用法ですが、最近ハマっているのが重めのモデル(16g)を使用し、リフト&フォールでハードボトムを叩くようなイメージで使うというもの

こうすることで、ボトムに付く時にブレードがフラッシュし、かつ接触音が出るため、他のメタルバイブにはないアピールをするとのこと。

o0480064113824938965
出典:諸富真二ブログ

また諸富プロは、メタルバイブに装着するダブルフックはワイドな方がバラシが少ないと感じていることから、TG ジャカブレードのフックをリューギのピアスダブル#6に前後ともチェンジしているとのことです。


というわけで、琵琶湖では水温の低下でウイードが抜けてきていることもあり、今後はメタルバイブがより効果的になってきますので、TG ジャカブレードがますます活躍しそうですね。

またTG ジャカブレードは、オカッパリでも他にないブレードの威力により、一般的なメタルバイブにスレたバスにアピールできそうですので、ゼヒ、お試しあれ!