ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

凄腕アジンガーに聞く!「アジングで最も多用するジグヘッドとワームは?」【松浦宏紀 編】

アジングのメインリグである、ジグヘッド(単体)リグ。

最近では「ジグ単(じぐたん)」と呼ばれることも多いリグですが、世の中には様々なアジング用のワームがあり、また様々なジグヘッドがありで、正直どういう組み合わせを使うか迷う人も多いでしょう。

そこで、ここでは「ジグ単攻めの際にコレを最も投げてる!」という実績鬼高&信頼激厚のジグヘッドとワームの組み合わせを、凄腕アジングマニアの松浦宏紀氏に聞いてみました。

0

松浦宏紀(まつうらひろき)

香川県・高松エリア、徳島県・鳴門エリア、愛媛県・八幡浜エリアなど、四国全域ホームに、軽量リグでのドリフト釣法や、キャロやフロートなどで広範囲に探る釣りなどを得意にしている。ティクトフィールドスタッフ。1980年7月生まれ。香川県出身&在住。


松浦宏紀氏の超多用ジグ単セッティングはコチラ↓

1

ジグヘッド:アジスタ! S-1.3g (ティクト)

ワーム:メタボブリリアント1.5インチ (ティクト)

その理由は…

状況が把握できていないシチュエーションでまず投げるのが、1.3gのジグヘッドにメタボブリリアントというセットです。

コレ1つで、こと足りることが多いぐらい、様々なシチュエーションに対応できるジグヘッドとワームです。

それぐらいの高実績セットですので、ゼヒ!

出典:ルアーニュース増刊号「激釣!アジング・シーズン17」DVDボックス