ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【冬バスフィールド情報】「シャッドプラグ」がガゼン効いてきてます!

12月らしく寒くなってきましたね。

気温、水温ともに下がり、冬らしい釣りがハマりつつありますが、中でも「シャッドプラグ」が本格的に効きだしている様子

その傾向は特に琵琶湖では顕著でして、シャッドを得意としている琵琶湖プロガイドの一人・大西健太プロも、そのハマりっぷりをブログで紹介してくれていますよ

o0480032013820413932

冷え込めば強くなるパターン!
安定感ある展開ですがウルトラスレッジの手堅さは群抜いてます。
ブラックアバロン、RPプリスポーンワカサギ、クラウンカラーが反応良かったです。

出典:大西健太のOK blog

これから低水温の時期のシャッドプラグの使い方は、水温、水質、流れなどの状況が比較的安定しているボトム付近や、ボトム付近に残るウイード等にいる越冬系バスを、ワームのようにスローにアクションさせて誘い、リアクションバイトさせるというものです。

その際、低水温ということでバスの動きも緩慢なため、バスが反応してもショートバイトということも多いのですが、シャッドプラグならトリプルフックを活かしショートバイトでも掛け獲ることができるというメリットもあります。

このテクニックは、野池、琵琶湖、河川などフィールドを問いませんし、またボートからオカッパリからとスタイルも問いませんし、とにかくこれからの時期に貴重な1尾と出会うためには、知っていて損はないテクニックです。

さらに具体的なアクションの仕方なども下記の記事で紹介していますので、興味のあるアングラーは、ご参考に!

【冬バス必釣テク】シャッドプラグの「ワーミングテク」に注目 オススメ動画も紹介!