ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣り総合ニュースサイト

週末の琵琶湖はこう釣ろう!【琵琶湖リサーチまとめ(11月24日収録分)】

本サイトの動画チャンネル、Youtube「ルアーニュースTVチャンネル」の人気コンテンツ「琵琶湖リサーチTV」はご存知でしょうか。

このコンテンツ、分析大好き系琵琶湖プロガイド・平村尚也氏がその時の琵琶湖の状況報告と見通しを解説してくれるチョ~便利な動画なのですが、最新収録分が公開となりましたので内容をかいつまんでお届けします。


ここ最近は北湖エリアへの出船が多い平村尚也氏、南湖の最新情報を全て把握していない状況のため、南湖へ出船しているガイドさんに解説してもらおうということで、ゲストを招待。先週に引き続き今回は、ぶちょうこと奥村哲史プロに登場していただいています。

IMG_2801

奥村哲史(おくむら さとし)

奥村哲史バスフィッシングガイド


SnapCrab_NoName_2016-11-26_13-57-33_No-00

寒波が到来したものの、水温はそれほど下がらずの状況。

水温 14度

水位 マイナス30cm

放水量 15t/s

SnapCrab_NoName_2016-11-26_15-12-42_No-00

濁りは藻刈りの影響で南エリアの一部に入っているだけで、全体的にはそこまで大きな濁りはなし。

そして、奥村さんといえばこの時期、炸裂させているのがバイブレーションのLV500GP、通称・アゴの力。

LV500GPで狙っているのが以下のエリア。

SnapCrab_NoName_2016-11-26_15-16-18_No-00

LV500GPは、水深3mでウイードが2mのエリアをメインに早巻きで使用とのこと。


そして奥村さんといえばカットテール、通称・カツオとテール。

カットテールはワッキー掛けのノーシンカーで使用。

以下の赤線のエリア、赤野井アウトサイドと雄琴からカネカにかけてのアウトサイドを攻めているそう。

SnapCrab_NoName_2016-11-26_15-25-43_No-00

奥村さんは、ウイードがない側(メインチャンネル側)を狙っており、ヒウオが浮いタイミングで釣果がでるとのこと。

アクションは、大きなめのシャクリを数回入れる。このシャクリを止めた時がバイトチャンス。要するに、浮いているヒウオを演出して、バスに見つけさせて、追わせてバイトに持ち込むイメージで使用。

関連動画(YouTube-オーエスジーエス)


では、風が吹いたらどうするか?通常なら巻きモノをチョイスするが、奥村さんはカットテールも使用。

ドラッギングで使用するとのことですが、興味深いですね。

SnapCrab_NoName_2016-11-26_15-32-23_No-00


まとめると、全体的には寒波の影響はあまり受けておらず、状況も変わっていない感じ。

ただ、ギルパターンで船団となっていた六本柱南の状況が今後、どう変わるかに注目が集まりそう。

ということで、2016年の琵琶湖リサーチTVは今回の配信をもって終了となります。

次回は2017年春から配信予定となっております。

2016年も琵琶湖リサーチTVをご視聴いただき、ありがとうございました。

関連する記事