ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣り総合ニュースサイト

【ブーム到来】国産マグナムクランク「ショットストーミーマグナム」がノリーズから満を持して登場!

出典:ノリーズ

バスフィッシングには、その年、その季節でブーム的なトレンドが発生したりするのですが、今年の琵琶湖では10月頃からマグナムクランク(大きいクランクベイト)がすっかりブーム的様相を呈していました

そんな中、満を持して国産のマグナムクランクがノリーズから登場します。

それが「ショットストーミマグナム」です。

ショットストーミーマグナムは、ショット・シリーズではオーバー7にも迫るボディサイズの文字通りマグナムクランク。

ちなみにストーミーとは、英語で「嵐のように」とか「激しい」という意味のようで、その言葉通りにかなり刺激的なマグナムクランクです。

ストーミーマグナムは、国産ということで、日本化された、つまり日本のフィールドの特長(プレッシャーや水質、水色など)を踏まえてイチから開発された、つまり日本のバスフィールド事情にしっかりと合ったマグナムクランクなのです

最大の特長はその大きさですが、大きさのわりの強すぎないロール&ウォブリングというのが、実は最大の特長。

これにより、このテの大きなプラグにありがちな、寄せだけが強くバスが即見切るということが起こりにくいどころか、逆に通常のハードベイト+αの集魚力とリアクション誘発力を併せもっているとのこと。

3

またボディの体積が大きい分、浮力も高く、障害物回避能力は相当なもの。

さらに浮上による水押しやアクション、速度も魅力的で、この浮上によるリアクション誘発が、ストーミーマグナムのかなりのキモ。

特にブルーギルがメインベイトとなっている琵琶湖などでは、この浮上力によるアピールがかなり重要な要素

リップ形状は、スクエア系の新開発「Tリップ」を採用。これにより、障害物への適度なアタリ感とスタック低減、強すぎない絶妙なアクションを実現。

さらに巻き抵抗もかなり軽快なので1日中使っても疲れないのも日本化されている点でしょう。

潜行レンジは、50cmからフルキャストして2m程度とのことなので、シャロークランクとしてあらゆるフィールドで使用が可能。

もちろんオカッパリでもその圧倒的な集魚力と障害物回避能力で強力な武器となってくれるでしょう。

と、このように、完全日本仕様として開発された「ショットストーミーマグナム」、あらゆるフィールド、スポットでそこにいる最大クラスを寄せて食わせる可能性を秘めているので、ぜひ一度投入してみてください。

ちなみに、フックにはRYUGI ピアストレブル#1が使用されているのも嬉しいところです。


タイプ:フローティング、潜行レンジ:2m/14lb. 、レングス:102mm、ウエイト:46g、価格:¥2,200


1

ボディサイズは、102mm、ウエイトは46g。

実際はこのぐらい、ボリューミーなクランクベイトです。

2

一般的なクランクベイトとサイズを比較してみると…上が「ショットストーミーマグナム」(102mm)、下が「ショット オメガ ビッグ 62」(62mm)。


ノリーズプロスタッフ・琵琶湖プロガイドの諸富真二プロによる解説動画もありますので、ゼヒご覧あれ!


さらに、諸富真二プロによるマグナムクランク、ショットストーミーマグナムを使った実釣動画もアリ!

マグナムクランクの使い方、使いドコロが丸分かりなうえ、ロクマルも登場していますよ。


 

関連する記事