ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣り総合ニュースサイト

週末の琵琶湖はこう釣ろう!【琵琶湖リサーチまとめ(11月17日収録分)】

本サイトの動画チャンネル、Youtube「ルアーニュースTVチャンネル」の人気コンテンツ「琵琶湖リサーチTV」はご存知でしょうか。

このコンテンツ、分析大好き系琵琶湖プロガイド・平村尚也氏がその時の琵琶湖の状況報告と見通しを解説してくれるチョ~便利な動画なのですが、最新収録分が公開となりましたので内容をかいつまんでお届けします。


ここ最近は北湖エリアへの出船が多い平村尚也氏、南湖の最新情報を全て把握していない状況のため、南湖へ出船しているガイドさんに解説してもらおうということで、ゲストを招待。先週に引き続き今回は、琵琶湖の若獅子こと諸富真二プロに登場していただいています。

_MG_9621

諸富 真二(もろとみ しんじ)

琵琶湖 フィッシングガイド 諸富真二ガイドサービス


朝晩の冷え込みがきつく、水温低下中。

水温 14度

水位 マイナス29cm

放水量 15t/s

SnapCrab_NoName_2016-11-19_17-23-54_No-00

藻刈りやターンオーバーにより、六本柱より南のエリアは濁りもあり。

藻刈りはさらに赤野井と葉山川の2カ所でも行われており、注意が必要。


全体的にみて現在好調なエリアは、以下のポイント。アラバマ系の釣果がよい状況。

SnapCrab_NoName_2016-11-19_17-30-10_No-00

そんな中、諸富プロは南エリアを中心に攻略。

ディープホール周辺を、風がない時はミノーのトゥイッチ。エビモとフサモの縦ウイード系を狙っているそう。

諸富プロの使用ルアーは、タダマキ112(ノリーズ)

2016-11-17 050


そして、風が吹いたらチャターベイト。ミノーと同じくエビモやフサモに当てていいく、スイミングジグ的な使い方で使用。

2016-11-17 052

フラチャット14g(ノリーズ)


ディープホールのほかには、浜大津のミオ筋なども狙いめ。

やはり冷え込みの影響で、深場隣接場所に魚は多い状況のようで、晩秋のセオリー展開といったところ。

SnapCrab_NoName_2016-11-19_17-46-54_No-00

北と南エリアで、狙いドコロを見極めていくのがよさそうですね。


というわけで、次回配信は11月25日予定です。

関連する記事