ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣り総合ニュースサイト

【琵琶湖トレンド】水温低下で注目のアラバマ系「トレージャートラップ」の猛威が止まらないぃぃぃ!

水温が下がり始め、琵琶湖の、特に南湖ではヒウオ(アユの稚魚)が流入し始めたことから、アラバマ系リグでのビッグバスの釣果が目立ちマクってきました。

アラバマ系リグと言ってもいろいろあるのですが、圧倒的に釣れマクっているのが、琵琶湖ガイド・庄司潤プロのブランド「ドリームエクスプレスルアーズ」のアラバマリグ「トレジャートラップ」です

 

1

 

o0587044013794772788

o0440058713794773941

このトレジャートラップ、庄司さんはもちろんですが、プロガイドの中でも愛用者が多いことのもあって、とにかく圧倒的に釣れています

では、ナゼここまで釣れるのか?

その秘密の1つが、アームに付いているウィーローリーフ形状のブレードです。

このブレードが回転することで、まさにヒウオの群れが泳いでいるようにアピールするのです。

また、一般的なアラバマリグ系はワーム+ジグヘッドの集合体ということで、濁りが入るとアピール力が落ちてしまうのですが、トレジャートラップはブレードが付いていため、多少の濁りでもアピール力が落ちないというのも特徴。

濁りが少し入っていて、クランクベイトではアピールが強く、一般的なアラバマ系ではアピールが弱い…というような場面でも、トレジャートラップならば活躍してくれます

つまり、トレジャートラップは、弱めのスピナーベイトの集合体というイメージでもよいかもしれません。

 

1

またアーム長も約10cmと、アラバマ系リグにしては適度にシルエット自体が小さく、自重も約11gということでミディアムヘビークラスのロッドでも扱えるのも魅力です。

さらに、アラバマ系というと収納や保管がイマイチスマートでなかったりするのですが、このトレジャートラップは専用のケース入りでバッチリ。

アームの角度もあらかじめベストな状態にセッティングされているのも嬉しい点ですね。


先ほども書きましたが、琵琶湖プロガイドたちの支持率が圧倒的に高いのも「トレジャートラップ」の特徴。

国保誠プロも、このようトレジャートラップでデカバス捕獲中です。

 

礒村雅俊プロも愛用中ですよ。


「トレジャートラップ」などアラバマ系は、これから水温が下がり、水質がクリア化すればさらに旬を迎えます。

ただ、残念なことに「トレジャートラップ」は、超人気すぎて現在かなり品薄状態が続いているのが現状。

そんな中、庄司さんのインスタグラムによると、ご覧のようにフル生産中のようですので、期待して待ちましょう。

トレジャートラップ第2段目に突入!

A photo posted by Jun Shoji (@jun_shoji) on


 

関連する記事