ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣り総合ニュースサイト

フィールドにトレブルフックを持参するべし。リューギ×マグバイト「Rタンクフックストッカー」

フックケースと聞いてどんなタイプを想像しますか?

バスアングラーなら、ワームフックを収納するケース?

ソルトアングラーなら、トレブルフックを整理しておくケース?

ワームフックはいろんなタイプの収納ケースが存在しますが、トレブルフックの収納ケースって、ほとんど聞いたことってないですよね。

それはなぜか。

バスフィッシングの場合、ワームフックは収納が簡単でケースも充実しているので持ち運びますが、ことトレブルフックに関しては収納が難しく、そしてフィールドではほぼ交換することがないからではないでしょうか。

しかし、バスフィッシングでフィールドでトレブルフックを交換しなくてよいかといえばそうではなく、大物にフックを伸ばされた…とか、錆びる可能性だってあります。そんな時、新しいフックがなければ戦意喪失…やはり必要なのではないでしょうか。

また、ソルトシーンでは、トレブルフックの交換は必須。整理しやすいケースがあれば、ぜひ現場に持ち込みたいですよね。

そんな、トレブルフックの収納ケースの登場を待っていた!

マグバイトの「マグタンクシリーズ」を、リューギがフックケースとしてデザイン。

「Rタンクフックストッカー」

r-tank_05

※フックやジグヘッド、スモラバは付属しません。

トレブルフックが収納しやすいウレタンスリットフォームを全面に採用。

トレブルフックのほかにも、ジグヘッドやスモラバなども収納可能。

また、フックサイズが一目瞭然の、整理に便利なサイズシートも同梱。

r-tank_02

マグタンクの防水性能を引き継いでいるので、フックを錆びなどから守れます。

aar-tank_02

そして、落下などの万が一の衝撃からケースを守る、コーナーバンパーを採用。

r-tank_04

非常にタフなフックケースですね!

サイズは3展開。

SnapCrab_NoName_2016-11-8_13-25-2_No-00a

2017年1月発売予定。

見た目もクールでかっこいい。トレブルフックの収納が快適になりますね。発売が楽しみですね~。

関連する記事