ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣り総合ニュースサイト

【秋冬ドハマり】イマカツ三原直之氏の津風呂湖戦術に密着した動画が公開!

奈良県吉野郡に位置する中規模リザーバーである津風呂湖(つぶろこ)。近年、ハイクオリティなビッグバスが狙えるとあって訪れるアングラーも多いフィールドだ。

秋を迎え、ハードベイトの展開が面白くなるシーズン。そこで、今回はストロングスタイルを得意とするイマカツの三原直之氏にハードベイトでの攻略法を実釣解説してもらった。

_MG_7230

彼自身、久しぶりの釣行となる津風呂湖。実はリザーバーらしくないこの湖には少し苦手意識があるという。通い込んでいるフィールドではないため、当日はバスのポジションを探すように様々なポイントへルアーをキャストして反応を伺っていった。

サーチの段階で主に使用したのがバスロイドJr.トリプルダブルステルススイマーなど、波動とシルエットがはっきりとした横の動きで探れるルアーたち。

ブッシュや岩盤など主要なポイントをトレースするもチェイスのみでイマイチ食いきらない状況が続く。この状況を打開するべく編み出した答えが「ブレード+縦の動き」だった。

Still001

そこで冬の定番ルアーでもあるメタルクロースピンTG17gを岩盤ギワにキャストすると、それまでのノーバイト状態がウソのようにバイトが連発。これが当日の必釣パターンとなった。

メタルクロースピンは、ひと口サイズの小さなボディに2枚のブレードを装備した回転金属型無倒系ルアー(通称メタクロ)。極薄ブレードのフラッシングとブルブルとした明確な波動が、濁りの入った状況や広範囲にバスが散った状況では非常に効果的だ。

_MG_7354

イメージとしてはアピール力の高いラバージグ。レイダウンや岩盤とったポイントにキャストして、リフト&フォールや巻いては落としを繰り替えす階段落とし釣法で高い実釣力が期待できる。

冬のイメージが強いが、巻きモノに反応しずらい状況を打開する救世主的ルアーといえるだろう。

動画では、どのような展開でフィールドを攻略していったのか、その流れを追うことができる。まるでパズルのピースを埋めていくような三原流バスフィッシングは非常に魅力的だ。

ゼヒこの秋冬シーズンの参考にしてほしい。

関連する記事