ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣り総合ニュースサイト

バサーオールスタークラシック2016は北大祐が優勝。JBトップ50年間チャンプと合わせて今年のメジャータイトル2冠を達成

日本のメジャー、バスフィッシングトーナメントの1つであるバサーオールスタークラシック。

今回は第30回記念大会で、10月29-30日の2日間の日程で行われた。

 

初日29日の単日トップは澳原潤(おきはらひろし)、続く2位タイには菊元俊文と北大祐が入り、逆転圏内とされる2キロ差以内には9人のアングラーがひしめいていた。

そんな中、30日に2日目(最終日)が行われ、優勝したのは2日間とも5尾のリミットメイクを達成、2日間トータルで参加選手中、唯一の10キロオーバーとなる10080gをウエイインした北大祐。

dsc_0690

出典&アイキャッチ出典:サイト・ビーby Basser

 

dagafd

出典:サイト・ビーby Basser

 

北大祐は、今回のバサクラのタイトル以外に、国内メジャータイトルの1つ、2016JBトップ50年間チャンプも獲得していたため、国内2冠を達成したことになる。

 

2016JBトップ50の年間順位確定!チャンプは北大祐が獲得!第5戦霞ケ浦・優勝は沢村幸弘

 

 

なお、今回のバサーオールスタークラシックの大会の詳細は11月26日発売のバスフィッシング専門月刊誌「Basser(つり人社)」で発表されるようなので、要チェック!

 

 

関連する記事