ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣り総合ニュースサイト

【巻きモノ注目ジャンル】ブレードジグ「ジー・エス・ブレードン」の微波動っぷりがヤバい!  サトシン☓ジークラックの意欲作がついに登場

気温、水温ともに低下しはじめた秋。

バスフィッシングでは、ファーストムービング(巻きモノ)系ルアーへの反応がよくなってくるシーズンだ。

そんな矢先、ジークラックから超注目ジャンルであるブレードジグの新作アイテム「ジー・エス・ブレードンが満を持して登場。

この「ジー・エス・ブレードン」”サトシン”こと琵琶湖プロガイドの佐藤信治プロ考案のもと、ジークラックとサトシンプロのブランド「S-Title」が共同開発したブレードジグで、サトシンプロのブログでは「いつでもどこでも君」としてテスト&リメイクが行われていたルアー。

琵琶湖にとどまらず、日本屈指のハードベイト使いとして知られるサトシンプロをして、「いつでもどこでも釣れる」と言わしめた、かなりの意欲作だ。

基本的には、キャストして巻くことで、ヘッド下部に装着されたブレードのフラッシュと微波動、さらにトレーラーとして専用設計されたワーム「GSブロッカー」のテールの微波動を発生。

琵琶湖などステイン〜クリアウォーターのフィールドでは、ナチュラルに控えめに、しかしながら確実にバスにアピールするため、驚異的な食わせ力を持つ巻きモノ系アイテムに仕上がっているとのこと。


その特長は、特殊設計のヘッドフォルム。狙ったレンジを安定し引いてきやすく、ウイードを拾いにくく、また魚が咥えやすいように水平姿勢を保つように設計されている。

トレーラーとしてパッケージに同封されているワーム「GSブロッカー」は、特徴的なイコライザーテールで、スイミング時に微振動を発生。ベイトフィッシュに限りなく近い弱く魅力的な波動でナチュラルにアピールする。



ジー・エス・ブレードンのヘッド部には、30mmのウィローリーフブレードを搭載。

フックはビッグバスに負けない#5/0を採用。


フック中央部分にはナイロンラインで作られたワームガードを搭載しているので、キャスト時やリーリング時のワームのズレが大幅に縮小されている


パッケージは、ヘッド1個とトレーラー用ワーム(GSブロッカー)が4個セットになっている。


カラー(全8色) :アユ、ハスッコ、ブルーギル、ワカサギ、チャートバックギル、ピンクバックパール、チャート、チャートバックキンクロ

サイズ :1/4oz(12.5cm)、3/8oz(12.8cm)

フックサイズ :#5/0

価格:¥980(税別)


サトシンプロによるテストフィッシングの模様や、テストモデルの水中スイミング映像など「ジー・エス・ブレードン」のヤバさがよーく分かる動画もあるので、コレを見てテンション上げていこう!

 

関連する記事