ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣り総合ニュースサイト

ヒロセマンのボコボコダート系アジングを動画と合わせて紹介!プロトワームやプロトジグヘッドも激写

メジャクラのヒロセマンとアジングロケにいってきました!

めじゃくらdふぁが

 

 

今回、ヒロセマンは強制スイッチを入れマクれるダート系アクションでのリアクションバイトを狙った釣りを展開!

その模様はルアーユースR編集部が現場ロケ&動画でまとめたのでぜひ参考にしてくださいね!

 

ヒロセマンが現場でアジを釣りマクったダート系の攻めは主に2パターン!

1つはキレキレ系ダート! もう1つは、やさしめな「はんなりダート」。この2つでボコボコでした

ふぁdが魚やまもりアひろせ

 


キレキレダートで使ったワームは…。

パラワーム・ダートタイプ※PROTO TYPE

「キレキレダート」で使ってたのが、パラワームの新型・コードネーム:ダートくん(プロト)。ダート用に開発されたワームで、これを使えば、ルアーの存在感で寄ってきた魚の視界から消え去って、いきなり目の前に現れる超高速ダートが簡単にできる!キレキレダートってスレやすいデメリットもあるが、魚の活性をさらにUPすることもできるため、反応したら最後。素早く3-4回ダートさせるだけで丸呑みバイトを誘発できますよ!

パラワームダートタイプ

ほどよい硬さのマテリアルを採用し、アクション時に水を受けて推進力に変換するボディ形状を突き詰めた最新ダート系ワーム。ボディ側面のエッジやフォール時にも水を受ける底面のキールなど、小さなボディにコダワリがマンサイですよ!


はんなりダートで使ったワームは…。

パラワーム・ソフトピンテール

キレキレダートで反応しない時、巻きの釣りで乗りが悪い時に真価を発揮するのが「はんなりダート」。はんなりダートとは移動距離を抑えた振り幅の小さいダートで、低活性な魚のテンションをUPしながらスローな魚も追いつきやすい食わせ系リアクションダートを発生する誘い!そんな「はんなりダート」で使用するのがこのパラワーム・ソフトソフトピンテール。このワームはパラワームの中でも軟らかい動きと食い込み抜群なモデル。コレにジグパラヘッド・ダートタイプ1㌘や1.25㌘を合わせて3-4回軽くシャクるだけで早すぎない左右へのダートと、フォール時の瞬間的な「はんなり系」トリッキーアクションが演出できます。素早い動きにスレた時の抑え的存在としてヒロセマンは多用してました!!

ぱらそふと

パラワームシリーズ=http://www.majorcraft.co.jp/jigpara/JP_head.html


 

ジグヘッドはジグパラヘッドをローテ!

さてジグヘッドですが、リアクションダートローテで使用するのは、ジグパラヘッドのダートタイプ。ラインを弾くだけで素早く左右にダートし、スイム姿勢もフォール姿勢も抜群なハイバランス系ダートJH。ヒロセマンはロケ時、キレキレダートには2.5、3㌘、はんなりダートでは1、1.25㌘をセレクト。

また王道のジグ単リトリーブ攻めではスイムタイプがメイン。スイム姿勢とスローフォールを融合したベーシックJHです!

あと現在テスト中のプロトジグヘッド、通称・ブン太も発見。このブン太は、太めのフック軸でブレードやフックをセットできるアイが採用されていて、シーバスやロックフィッシュ、クロダイ、フラット系などのボトム中心のリアクション攻めを可能にするブツ。ウエイトは3.5㌘から14㌘までがラインナップされる予定!

ジグパラヘッド

 


今回、ロッドはメジャクラアジングロッドのハイエンドモデルのエヌワンアジングカテゴリーを使用!

ロッドはメジャクラのアジングロッドのハイエンドモデル「エヌワン・アジングカテゴリー」シリーズの中からローテ!ちなみにこのシリーズはナノカーボンブランクにクロスフォースを施すことで、しなやかで繊細かつ超軽量、さらに高感度でトルクも融合したけっこうなイケてるっぷりのシリーズ。

ヒロセマンはキレキレダートにはチューブラーのT682AJI、はんなりダートにはソリッドティップのS642AJI、ジグ単の巻きはS562 AJIがヒロセマンの王道セレクト。

「エヌワン・アジングカテゴリー」シリーズのスペック表= http://www.majorcraft.co.jp/catalogue/page01.jsp?mode=id/229

あじんぐわん

 

 

 

 

関連する記事