ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【まんま、ギル!】ブルーギル型スイムベイトの新潮流「ジャバロン・ギル」続報

ついに公開されたIMAKATSU(イマカツ)のバスフィッシング用ブルーギル型ソフトスイムベイト「ジャバロンGILL(ジャバロンギル)

ジャバロンでギル型ってだけでも、ハンパない期待感ですよね。

そして、ついにその続報が入ってきたので紹介しましよう。

コレがまた、全全全部がヤバいですよ。

【ナニコレ??】ついに公開「シン・ジャバロン」? 最注目なスイムベイトワームの一部が明らかにッ!


コレが大注目の「ジャバロンギル」!

2

IMAKATSUの3Dリアリズム塗装が施されたビジュアルは、本当に美しい!

3

まんま、ギルですね。

ちなみに、この「ジャバロンギル」は、スイムベイトではあるのですが、今江さん的にはテキサスリグ、ダウンショット系リグでの「食わせ用シェイクとリフト&フォールベイト」の究極として位置づけているそう。

ジャバロンギルのテキサスリグのリフト&フォールは、まるでシンカーを小さな水生昆虫か何かに見立てたブルーギルが、軽くスパイラルしながら尾を激しく振り、必死に湖底に沈むシンカーを追いかける、まさにギルそのものとのこと。

またボディのジャバラ構造がフォール中にほどよくネジれるため、スパイラルフォール時の弱点である糸ヨレが発生しにくいそうです。

コレ、春にヘビーダウンショットリグで使うと凄まじいでしょね。ムフッ!

1

JBトップ50最終戦のプリプラクティス、霞ケ浦でも「ジャバロンギル」が、かなり効いたとのことです。


ちなみに、ジャバロンといえばやっぱりスイムベイトとしてのイメージも強く、どうしても巻いて泳がせて使いたいのですが、この点もジャバロンギルは優秀です。

ジャバラ構造のボディ後方部全体がウネって水を強く掴み、そこに引っ張られてボディが勝手に立ってくるため、難なく縦向きでのスイミングが可能とのこと。

※タテ泳ぎの連続写真です。

4

5

6

つまり「ジャバロンギル」は、スイムベイトとしてのタテ泳ぎ(横方向の誘い)と、ワームとしてのリフト&フォール(縦方向の誘い)の両方ができる、超リアルギル型ソフトスイムベイトなのです。


この「ジャバロンギル」、現時点でもすでに実釣レベルに十分達しているそうでが、ここからさらにテスト&改良が加えられ、2017年フィッシングショーではさらに数段進化して発表されるとのこと。

もう、コレで十分ですから今週末に使わせてほしいと思うアングラーが多いと思うのですが…

というわけで、また続報が入り次第お伝えします。