ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【なるほど!】オリジナルとココが違う!シン・ベルリネッタクローラーのポイントをホサキングが解説!

先日お伝えしたイマカツの「シン・ベルリネッタクローラー」。ただ、オリジナルモデルと具体的に何が変わったの?と思っているアングラーは少ないないはず。

※過去記事:【超バージョンUP】「ベルリネッタクローラー」が大幅リニューアル! 変わり過ぎてもう別モノ!?

そこで、イマカツ特命アルバイター改めサラリーマンアングラーとなったホサキングこと穂崎裕太氏が自身のサイトでかなり詳しめに解説しているので、その一部をご紹介しよう。

ここが違う!デッドスロー完全特化型“シン・ベルリネッタクローラー”

ホサキングに言わせると、シン・ベルリネッタクローラーは、「改良ではなく特化モデル」。従来のオリジナルモデルは、広範囲をスピーディに探れるようにセッティングされつつ、さらにデッドスローリトリーブも可能なように作られていたが、新型はその中でもデッドスローリトリーブに特化したモデルとなっている。そのため、特化型という言葉をチョイスしているのだ。

ウイングのサイズやボディ形状など、すべてをイチから見直すことで、さらにその性能を向上させたモデルがシン・ベルリネッタクローラーなのだ。

さすがホサキング、分かりやすすぎる説明に感服。サラリーマンになってさらにレベルアップしているのは間違いない。

詳しいポイントは、ホサキング.comでジックリとご覧いただきたい。