ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

アブガルシアのシーバス用チャターベイト「バウンシー」がシーバス以外にも効きマクっている件

アブガルシアから発売されている、シーバス用チャターベイト「バウンシー」

村岡昌憲氏がデザインし、2015年に衝撃のデビューを果たしたルアー。

↓同氏による実釣動画↓

↓水中動画↓

超デッドスローに対応する、強波動ブレードベイト。強烈な振動とフラッシングで、シーバスにアピール。ゆっくり引いても確実に手元にブルブル感が伝わってきて、誰もが使いやすいルアーともいえます。

しかも、ヘッドのウエイト14、21、28gの3タイプ。

21、28gは写真のセット状態のものが1つと、取替え用ワームが1本付属。
14gには1パッケージに2セット付属。

 

取替え用のワームと、ジグヘッド単体も別売りでラインナップという、気の効きっぷり。

 カラーは全12色。ヘッドもグロー、金メッキ、銀メッキの3色と、向かうトコロ敵なし的のラインナップ。

実はこの「バウンシー」が、シーバスはもちろんですが、シーバス以外のターゲットが最近よく釣れているとの情報を、ピュア・フィッシングのトモ清水さんより入手!

大型のキジハタが、バウンシーでキャッチされています!

この強烈な波動が、ロックフィッシュの捕食本能にスイッチを入れるのでしょうか?

で、使われているバウンシーをよく見てみると、セットされているワームがシャッドテール系に変わっています。

そう、このバウンシーのいいところは、ワームをチェンジするのが可能なところ。

ターゲットに応じて、シャッドテール系などを使うのもアリアリなんです。

オススメワームは「パワーベイトSWTテールシャッド3.7inch」など。

 

実際、このTテールシャッドとの組合せで、トモ清水さん自身もタチウオをゲット!

_MG_5828

まだまだ可能性ありマクりなソルトウォーターゲームのチャターベイト攻め。

みなさんもトライされてみては?

バウンシーでのヒットシーンも収録。トモ清水のフィネスワインドin兵庫県神戸沖堤防群