ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

アジング専用!バリバスのメリットだらけのハイブリッドPEがオススメな件

アジングで使用するラインって何ですか?

直結でラクラクのフロロカーボン、定番の軽量ジグ単(ジグヘッド単体)で愛用者続々のエステルライン、ディープエリア攻めやスプリット、キャロの遠投スタイルにばっちりのPEライン。この3タイプが代表的なところ。

ラインセッティングは釣りのスタイルや使うリグによって変わりますが、「このラインの、ココんとこがもうちょっとこうだったら…」とか、「ぶっちゃけ、どれか1タイプ選ぶとしたら、どれなんですか?」という、悩みをお持ちのアングラーも多いのでは?

また、これからアジングをはじめたいというビギナーも、これだけ種類があると迷うと思います。

_MG_1874

で、ここで!編集部オススメのラインがあるんですね~。それが「ハイブリッドPE」。


ハイブリッドPEってなんだ?

まずはPEライン。ソルトウォーターゲームでは当たり前のように使用されるPEですが、PEとは、原糸を編み込み、引張強度(引張時に材料が耐えうる最大の応力のこと)を持たせたライン。4本撚りや8本撚りといった言葉を聞いたことがあると思いますが、それは編まれている本数のこと。とにかく強くて高感度、他のラインよりは若干値段は高いが、長期間使えるので、コストパフォーマンスは高め。

ただ、軽量リグを扱うアジングの敵となる、風。PEは比重が軽いため、風が吹くと扱いづらいのがデメリット。

で、このデメリットを解消するラインが、ハイブリッドPEなんです。


PEと別素材を複合。いわば、いいとこ取りのライン

フロロとPE、エステルとPEといった感じに、PEと別の素材を合わせる。2種類のラインのいいとこ取りすることで、PEだけではカバーしきれなかったシーンで活躍するんです。


アジング専用ハイブリッドPE「アバニ・アジングマスター・ダブルクロスPEビビッド」

バリバスのアジング専用ライン「アジングマスター」シリーズには、フロロの「アジングマスター[フロロカーボン]」と、エステルの「アジングマスター」、そして専用ショックリーダーの「アジングマスターショックリーダー[フロロカーボン]」の3つがラインナップされていたが、様々なアジングアングラーのニーズに応えるべく、ハイブリッドPEもラインナップに加わっている。

高比重+超視認性+超高感度がアジングを変える!

高比重(1.18)のアジング専用 4ブレイド ダブルクロスPE。比重が高いことで、軽量ジグヘッドを素早く沈下させることが可能。低伸度・高感度によりアジからのコンタクトも確実に感じることができます。さらに、従来にはなかった『フラッシュビビッドマーキング』が、単色では得られなかった夜間の視認性を獲得。ジグヘッド単体の釣りからキャロまで、アジングゲームを完全カバー。アジンガー待望のハイブリッドPEが遂に登場です。

出典:モーリス

 

 

4本撚りPEとエステルのハイブリッドラインで、両方のいいとこ取りをしたライン。

比重が高いため、軽量ジグ単の操作性もよく、低伸度で高感度、耐久性も高い。使用範囲がかなり広くなり、どんなアジングスタイルにも対応。これって、革命的ではないですか?

 

しかも、鮮やかなフラッシュビビッドマーキングで視認性も◎。

_MG_1852

カラー:ディープピンク7cm + ホワイト3cmの繰り返し。

出典:モーリス

 

 

実際に編集部でもこの「アバニ・アジングマスター・ダブルクロスPEビビッド」を使用したところ、抜群の使いやすさを実感!

_MG_7614

号数:0.2、0.3、0.4号/150m巻き
価格:オープン


「アバニ・アジングマスター・ダブルクロスPEビビッド」推奨ショックリーダー

[VARIVAS]アジングマスター ショックリーダー[フロロカーボン]

エステルラインの性能を限界まで引き出すための専用ショックリーダー。

エステルラインの感度を損なうことなく、想定されるショックを吸収するアジング専用ショックリーダー。細いリーダーの課題とされてきた結節強度と耐摩耗性能を、独自の素材配合により解消しました。

出典:モーリス

ポンド数:2.5、2、2.5、3lb/30m巻き
カラー:クリア
価格:900円(税別)

ぜひ!これからの秋冬のアジングシーズンに投入してみてはいかがでしょうか!