ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

タチウオ狙いのメタルジグ攻めがよく分かる【噂の攻め】ヒロセマンのスーパーLSJ攻めを徹底現場解説【動画も多数】

日本一!?釣りロケをこなしているヒロセマン

この秋ももちろんロケ漬けの毎日!

で、今回もロケに行ってきたんだけど、ターゲットは、ギラっギラな「タチウオ」

ロケ地は関西タチウオゲームの聖地・兵庫県尼崎沖の巨大一文字堤防「武庫川一文字(通称ムコイチ)」西野渡船を利用)。

 

で、記者的に気になったのが、マヅメ前のヒロセマンの作戦!

やっぱりマヅメ前の時間帯にどれだけ数が伸ばせるのか? っていうのが気になりますもんね!

で、ヒロセマンが日中の時間帯にとった作戦というのが…。

スーパーLSJ(ライトショアジギング)

というわけで、この攻めを紹介していきましょう!


日中スーパーLSJ(ライトショアジギング)

タチウオゲームでキャッチ数を伸ばすために、ヒロセマンが最近、多用する作戦はマヅメ前のメタルジグ攻め!

ちなみにヒロセマンがタチウオゲームで使うメタルジグは15-40g

いわゆるウワサの「スーパー(LSJ)ライトショアジギング」なんです

具体的な攻め方はというと…。

基本的遠投してボトムを取り、底からスローに4-5回シャクって再び落とし込むという動作を繰り返すだけでOK。

あと時にはタダ巻きも効果的で、ヒロセマンはボトムから巻きあげてくるのと、ボトムから中層にかけて巻いて再び落とし込む2パターンを実践してました!


スーパラLSJでヒロセマンが使っているロッドは…。

エヌワン・SSJカテゴリー!

_MG_6365 エヌワン持ち-ケニー抜き

えぬわん 名称未設定 1

出典:メジャークラフト

 

ジグウエイトが30ー40㌘で遠投するならNSS-942SSJ、

15㌘から重くても30㌘までならNSS-902SSJがイチ押し!
繊細なティップとパワー&トルクのナノカーボンブランクは手返しも抜群で疲れもナッシング。ファイトも存分に楽しめますよ!

 

動画解説もチェックしてみてね!


使うジグはジグパラのタチウオカラー

自重:20、30、40㌘、カラー:全5色
トレブルフック&シングルアシスト標準装備

580-680円ぐらい!

_MG_6222

_MG_6230 タチウオカラー並び

タチウオスペシャルカラーは㊤からからオールグロー、ゼブラピンク、ゼブラパープル、パープル、2トーンパープルの5色。

タチウオのグアニン色素は紫外線に反応して水中では紫に見えるため、共食いするタチウオにとってパープル系はマッチザカラーで定番!

ちなみにヒロセマンは日中も効くオールグローを超プッシュしてました!!

 

動画でもガッツリ解説してもらいましたよ!

ジグパラ

出典:メジャークラフト


 

で、この日もこの日中のスーパーLSJ攻めでタチウオをキャッチ!

_MG_5326 ジグ1尾目真横優先

南西寄りの風が吹きつける中、飛距離が稼げるジグパラ30㌘のタチウオカラー(オールグロー)をエヌワン・SSJのNSS-942SSJでロングキャストし、ボトムを取ってスローピッチのシャクリで攻めていると、待ちに待ったタチウオ特有のバイトが発生!! がっつり掛けてロッドパワーで寄せながら、一気にゴボー抜きしたのは、秋を感じさせる銀ピカな良型タチウオでした!

 

 

_MG_5269 サゴシ

マヅメ前のスーパーライトショアジギングではウレしいお土産の1つ・サゴシも登場! 表層を意識している時はハイピッチの連続ジャークが効果的で、タチウオ狙いよりも速めの誘いがオススメ(使用ルアーはジグパラ・タチウオカラー30㌘のオールグロー)


あと最後に、実際の釣り方が分かりやすいように動画も撮影しました。

日中のスーパーLSJに加えて、マヅメ&ナイトのワインドゲームの実釣映像もあるので、これを見て、イメトレしてみてくださいね!