ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ギョギョ!?】ヒットしたサバに付いていた生き物の正体とは!? Twitterでちょいグロ画像が話題に

魚に限らず、生き物とは切っても切れない腐れ縁的な存在の「寄生虫」。中でもアニサキスやブリムシといった種類はアングラーにも広く知られている。

そんな寄生虫だが、みはさんは「ウオノエ」という種類をご存知だろうか?今、このウオノエ科に属する「イワシノコバン」と呼ばれる寄生虫がTwitterで話題となっている。

ヒットしたサバに、まるでオマケのように付いているのが「イワシノコバン」。一見、透明なフナムシやダンゴムシのような外見をした寄生虫で、アジやサバに寄生して体液を吸い取るのだ。

iwashinokoban

人間に危害を及ぼすことはないが、見た目がチョット…という方は事前に目を馴らしておくとよいかも。サビキやライトゲームでサバやアジを目にすることが多い季節。いざ遭遇した時に驚かないよう、心構えをしておこう。