ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【食欲の秋】タリアテッレってなんだ?新型フィネスブレードを搭載した多関節ビッグジョイントミノーが登場!

イタリア発の総合ルアーメーカーである「モリックスジャパン」から、ブレードを装備した新型ビッグジョイントミノー「ブリガンテ160F」が新登場。

brigante160f
出典:モリックスジャパン

先日、お伝えしたモリックス×アピアの「ブリガンテ160SW」。そのオリジナルモデルともいえるブリガンテ160を復刻させ、フローティングモデルとして生まれ変わったのが、この「ブリガンテ160F」だ。

従来のオリジナルモデルは160mm・50gだったのに対し、160Fは44gのフローティングモデル(※160SWは48gのスローシンキングモデル)。バスはもちろん、シーバスに使うことができる汎用性の高いモデルとなっている。

多関節ボディによるウネウネとしたらスネークロールアクションが魅力のブリガンテ160Fだが、実はもう1つ面白い特徴を持っている。それが、ボディに装備されたフィネスフラッシングブレード「タリアテッレ」だ。

brigante160f01

あまり聞きなれないかもしれないが、その語源はイタリアの平たい“きし麺状のパスタ”に由来する。薄く幅の広い長方形ブレードゆえ、このようなネーミングになっているようだ。

このブレードがアクションに同調して細かくフラッシングを発生させることで、ルアーに生命感を与えるとともにバイトマーカーとしての役割も果たしている。

ss03 (1)

ぜひこの秋、大型ベイトを捕食するモンスタークラスの捕獲に役立てていただきたい。