ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ホールド感最高】デプスのクールなライジャケがデザイン一新「DPS-2220RS」

ライフジャケットは、タックルと同等、いやそれ以上と言っても過言でない、大切なギア。

釣りは自然相手の遊び。いつ何時、どういった事態が訪れるか分かりません。

義務づけられているボートでの釣りでは当然、ソルトウォーターゲーム全般では、着用はマスト。

最近は陸っぱりバスアングラーでも着用する人も増えてきていますしね。

で、そんな釣りのマストギアであるライフジャケット。いろんなタイプがありますが、俗に言う自動膨張タイプで、愛用者も多いのが片掛けタイプ。

片掛けタイプって、着用したことがある人なら分かると思いますが、サイズ感が合っていないと、ちょっとの動きでズレたりすることも。キャストするたびにライジャケの位置を直すなんて、違和感しかないですよね。

でも、フィット感がしっかりしていれば、片掛けタイプでも全然疲れないし、付けているのを忘れてしまうほどの着心地だったりします。

そんな、着心地が抜群そうな新しいライフジャケットを発見!

「デプス・オートインフレータブルライフジャケット・DPS-2220RS」

 

『DPS-2220RS』は、安全性と快適性を高めたオートインフレータブル・ライフジャケットです。
背面クロスベルトによってホールド性とフィット性が高められ、首の後ろ側への負荷を防ぐと同時に不快なズレも軽減。着用時は負荷が分散する事で軽く感じ、快適な着心地を実現してくれます。また、ウェスト固定ベルトによって保持力が向上され、万が一の落水時にも脱落の可能性を抑えています。
ボンベと水分感知センサーの状態を目で確認できるインジケータも装備しています。

出典:デプス

出典:デプス

 

 

デプスらしい、無駄のない超クールなデザイン。

 

それでいて、間違いなくホールド感がよさげ。

インジケーターは、Wセンサーと呼ばれる最新のタイプを搭載。

出典:デプス

SnapCrab_NoName_2016-9-27_20-47-7_No-00

国土交通省型式承認品小型船舶用救命胴衣
■仕様
・WEIGHT:720g(ボンベ重量を含む)
・SIZE:ウェスト70~100cm
・BUOYANCY:浮力10kg(初期浮力)
\24,000(税抜)

出典:デプス

 

デプスファンなら前作「DPS-2220」とどこが変わったの?と思う人もいると思いますが、デプスロゴの位置と背面のロゴカラー、インジケーターの配置位置が変わっています。

出典:depsオフィシャルスタッフブログ

めっちゃホールド感!万が一落水しても、確実に守ってくれそうですね!

あ~、このライジャケに包まれてデカバスを釣りたい(笑)。