ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

「水深50m・海水対応 フィッシングカメラ」が気になりマクりだ!

上海問屋から水深50m・海水対応の超気になるフィッシングカメラDN-914237が登場。

出典:上海問屋

このフィッシングカメラ「DN-914237」、何度も言うが水深50mに対応で海水での使用にも対応しているというビデオカメラで、カメラをラインに取り付けることで、水中の様子を1280×720p(60fps)の解像度で動画撮影可能とのこと。

ということは、当然、バイト(魚が餌やルアーに食いついた状態)の瞬間や、水中や水底(ボトム)の状態も記録できる。

出典:上海問屋

なにはともあれ、実際にこのカメラを使用して撮影したと映像がコチラ(ロケ地は、千葉県大原沖 海底50mとのこと)

※1:07付近にハマチorヒラマサのチェイスあり。


フレームレートが60fpsという設定なので、映像も滑らか。

サイズは、本体が約直径30×長さ116mm、ラインチューブは約190mm、重量は約60.5g。

出典:上海問屋

充電はmicroUSBケーブルで行い、フル充電で約3.5時間の連続撮影が可能とのこと。

価格は、なんと7,999円(税込)だ。

https://www.donya.jp/item/74158.html