ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

山田ヒロヒトの秋エギングの超シークレット秘策は1gの仮面シンカー装着!?

エギング界の超重要人物。ヤマラッピこと山田ヒロヒトさん。

_MG_9023

ルアーニュースR編集部が撮影した山田ヒロヒトさんのWEB動画・再生リスト(YouTube


山田さんといえば、デカイカを狙ったストイックな春エギングの印象がやたらと強いかもしれませんが、実は秋の数釣りシーズンのエギングも大好物w。

IMG_7336

先日、ちょうどルアーニュースRではそんな山田さんの秋エギングの動画ロケをする機会がありました。

_MG_9043

ここでは当日、山田さんが行っていた秋の新子シーズンに多用するテクというか、工夫を紹介してみます!

 

_MG_8845 IMG_7440

新子相手に山田さんが基本的に使用するエギは3号と2.5号の2種類なんだけど、けっこう、エギにウエイトやシンカーをプラスするチューンして釣りをしていることが多かったんです。

それがこの3つ。

ウエイトやシンカーをプラスするのは、飛距離を伸ばしたい、潮にもまれやすい時にエギを安定させたいというような時に使用するのは当然なんですけど、山田さんは通常のフォールスピードより、早くエギを落として、スイッチをいれたい時に多用するとのこと。ちょっとの違いでイカからの反応がかなり違う時があるようなので、ぜひみんなもお試しあれ!

 

1:仮面シンカー(ダイワ)の軽めウエイト1gや1.5gを装着。

最近は1g、1.5gと軽いモノがラインナップに加わっているので、細かい、微妙なチューンが可能。

画像

_MG_8941

_MG_9049 _MG_9052

_MG_9067

_MG_9055

 

そういえば、仮面シンカーについては、ルアーニュースRで撮影させていただいた動画がありますので、参考までにチェックよろしくです。



2:TGアゴリグシンカー(ダイワ)を装着。

ご存知のアゴリグシンカー。タングステンモデルがでているので、シルエットを小さくウエイトプラスチューンが可能。

画像

IMG_7496

IMG_7494 IMG_7492



3:エスウエイト(アクティブ)をエギに貼る!

ほんのちょっとウエイトをあげたいときに多用するというのがシールタイプのウエイトであるコレ!0.5gなどの軽量ウエイトもあって細かいだしいれが可能。

 

IMG_7450

IMG_7508

IMG_7502

 

エスウエイトを貼る位置は自分の意図する姿勢やアクション、フォールなどを考慮して、お好みで。

ただオリジナルのバランスを崩したくないっていうことに、こだわりたい人は、元々シンカーがある場所のそばに、エスウエイトを貼るべし!

 

IMG_7500