ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

村上晴彦の意欲作「ハネエビパニック」がついに発売しそう

何度かルアーニュースRで取り上げさせていただいている村上晴彦さん考案の「ハネエビパニック」。

過去記事は以下の通り!

村上晴彦が考案!注目の「ハネエビパニック」が9月中旬発売予定

天才!村上晴彦が常吉リグ、ネコリグに続く新リグ「パニックリグ」?を発表



ハネエビパニックを、簡単におさらいすると、ハネエビパニックというのは、ダート系ジグヘッドリグ2つ(ハネエビ&ハネエビヘッド)を枝バリ系特殊仕掛けにリグって水中でダンスさせることで、ターゲットをパニックに陥れてバイトさせるという釣り方のこと。

ちなみにこの釣りで使う仕掛け(リグ)は、自分で作るとけっこう難しいんだけど、その仕掛けがリグってある状態の製品が「ハネエビパニック」という名前で発売予定となっていたんです。

発売を今か今かと、待っていたところ、9月17日に村上さんの手に製品版が届いたようです!

発売間近なのは間違いなさそうですね!

14329902_1050412968399028_6323772170481931840_n

出展:村上晴彦フェイスブックページ

 

ハネエビパニック

1号/1.25号/1.5号
価格¥480(税別)
 2組入り

 

ルアーニュースRのロケで撮影したハネエビパニック関連動画もぜひチェックしてくださいね!

 

 

 


最近、いろんな魚種のロケを行っていて思うんですけど、ダート系ってフィッシュイーターに効きますね。

SPミノーの左右ダートでのバス狙い、ワインドのタチウオ、エギング、メバル…。

フッと瞬発的に動くモノって、逃げ惑うエサ的なエスケープアクションによってフィッシュイーターはスイッチが入るってことなんでしょうか?

あと、リグの存在を気づかせるのにも有効だし、スピードが速い分、魚をだましやすいという要素もあるんでしょうね!

 

しかも、このハネエビパニックは、さらにダート系の2つのリグが同時に…。

そりゃ効きますよね。