ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ハンター御用達】尺を獲るために専用設計された”りんたこ”監修のメバル用ワーム「ソードビーム」が満を持して登場!

尺メバルハンターの異名を持つ“りんたこ”こと岩崎林太郎が、ダイワテスターとして初監修したワーム「ソードビーム」がいよいよ登場。

剣(ソード)のように反りあがったシャープなテールと、六角形の多面体ボディが特徴のソードビームは、りんたこ自身が図面から設計した、対デカメバル用のワームだ。

この2つの特徴は、ワームのスイミング姿勢を安定させるためのもので、メバルが好むブレのない直進性を確保するとともに、百戦錬磨の尺メバルをバイトに導くため、自発アクションを意図的に抑えるためのものである。

_MG_1240

ただ、ノーアクションということではなく、アングラーの意思でアクションを加えることで、クビレ部分からテールにかけてナチュラルな波動を発生させるため、狙ったポイントで食わせの間を入れることができるのだ。

2.2inchと少し大きめなサイズ感もデカメバルを意識してのモノ。10色のカラーラインナップに加え、全色入りのアソートパックもあるので、お手軽にカラーローテを試すこともできる。

以前、大分で行った取材ではプロト段階ではあったものの、その破壊力の高さを証明してくれた。

_MG_2420

尺メバルハンターが作った尺メバル用ワーム。今シーズンの尺メバルハンティングに死角なし。