ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ハイプレ対応】糸鳴りを抑えたレバージャークがスレたシーバスにめっちゃ効くゾ!

職業釣り師でお馴染みのシーバス界のカリスマ・オヌマンこと小沼正弥氏がハイプレフィールドで実践しているテクをご紹介しよう。

そのテクの名が「レバージャーク」。名前にレバーと付くだけあって、シーバスで定着しているレバーブレーキ付きのリールを使ったスレ対策のテクニックだ。

テクニックの紹介に入る前に、まずはレバーブレーキについて軽く解説しておこう。レバーブレーキは文字通りレバーによってラインをコントロールすることができるリールシステムで、レバーを指先でON/OFFと切り替えることによってラインを放出したり、それを止めたりすることができるモノだ。

レバージャークでは、このブレーキをOFF、つまりラインをフリーにした状態で行う、リーリングによるジャークのことを差す。

レバージャーク1

なぜこれがスレたシーバスに効くのかというと、通常、ロッドワークで行うジャークの場合、ロッドがラインを弾いてしまうため、どうしても水中でラインが糸鳴り(水切り音)が発生してしまい、それがシーバスの警戒心を高めてしまうというケースがある。

対してレバージャークはロッドワークではなく、リーリングでアクションさせるため、糸鳴りが非常に少なくプレッシャーを与えにくいのだ。

また、このテクニックは糸フケがある程度でるため、ジャークの時にルアーがよく動くというメリットもあるので、それもメリットの1つといえる。

バヒッド80

先日公開された動画では、バヒッド80を使ったレバージャークでシーバスをボコボコに釣っているので、ゼヒ参考してハイプレフィールドの攻略に役立てていただきたい。